[ポケモン]ジムリーダー・マーシュ プロフィール、手持ちのポケモン

スポンサーリンク

 

XY

6つ目のジムリーダー

マーシュはカロス地方のジムリーダーの1人。2013年に発売された3DSソフト「ポケットモンスターXY」で初登場する。

ストーリーではバッジ6つ目となるクノエシティのジムを担当している。

翼のような衣装をまとい、大きな黒目が特徴的。ポケモンになりたいという想いで自ら衣装をデザインしている。

京都弁で話し、一人称は「うち」で、主人公を「トレーナーさん」と呼ぶ。会話の途中でも思い耽って相手のことを忘れてしまうクセがある。

ジム入り口の案内には「歴史の国から 来た 乙女」と表記されており、XYで登場した新しいタイプ、フェアリーを好んでいる。

ストーリーではジムを訪れた主人公と、優雅な雰囲気ただよう部屋でジムバトルを行っている。

ジム戦の手持ちのポケモンはクチート、バリヤード、ニンフィアの3体で構成されている。

主人公が勝利するとフェアリーバッジを進呈し、わざマシンNo.99「マジカルシャイン」も一緒に渡す。

うちの ファッション
ちょっと 不思議やろ?

ポケモンに なりとうて
じぶんで デザイン してるんよ

でもね ポケモンと
気持ちが 重なりあうのって

ポケモン勝負で
追いこまれたとき なんよ

あれって
いったい なんやろね……

あっ

ええっ?

ううん なんでもないんよ

ジムはドールハウス

マーシュが務めるクノエシティのジムはドールハウスのような作りになっている。いくつかの部屋でジムトレーナーのふりそでが待ち構えている。

部屋の隅には黄色のワープ装置がある。ジム挑戦者はこの装置に乗って部屋を移動し、マーシュのいるところを目指す。

途中で遭遇するふりそでは4人いる。それぞれ異なる衣装を着ており、マーシュ同様フェアリータイプのポケモンを繰り出してくる。

マーショネス

ジム戦後、お金持ちやジムリーダー、四天王が集まる施設、バトルシャトーでマーシュと戦うことができる。

大きな衣装であるためか歩いたりはせず、特定の場所で待ち構えている。

バトルシャトーではクチートとニンフィアの2匹を繰り出す。

階級 男性 女性
男爵 バロン バロネス
子爵 ヴァイカウント ヴァイカウンテス
伯爵 アール カウンテス
侯爵 マーキス マーショネス
公爵 デューク ダッチェス
大公 グランデューク グランダッチェス

あら トレーナーさん
また お会いできたんやね

ほな はじめましょか

うちの ポケモンたち
ふんわり はんなり 強いんよ

小ネタ

    • ゲーム内で見ることができるテレビ番組「ジムフリーク」では、マーシュが着ている衣装は15キロあると伝えている。このことについてリポーターのハルナは「脱ぐと意外とムキムキなのかな?」とコメントしている。
    • 同番組で、マーシュは過去に雑誌のモデルをしていた経験もあると伝えている。ハルナからは「だから、あんなすごいヒールのくつもはきこなせちゃうんだよお!」、「美しいよお。存在が妖精さんだよお。」と評されている。
    • マーシュはハクダンシティのジムリーダー、ビオラの誕生日にバレッタを贈っている。ビオラは贈られたバレッタをずっと身につけている。

ポケモンリーグ 四天王に
伝説の シェフが いるんですって

ときどき ジムリーダーの
ザクロさんや マーシュさんを 集め
ごちそうを ふるまうらしいの!

  • ミアレシティにある「リストランテ ニ・リュー」の女性客から、マーシュはズミからご馳走を振る舞われている噂を聞くことができる。
  • 「ポケットモンスターXY 完全ストーリー攻略ガイド」にマーシュの設定資料が掲載されている。マーシュの体型や性格、衣装のデザインなど本編では見られない情報が載っている。マーシュは脂肪、筋肉、胸がほとんどない体型で、家族や友人でも簡単に弱みを見せず笑顔を絶やさないと記載されている。営業スマイルのマーシュを見ることもでき、衣装については和洋折衷とあり、靴の底はピンク色にデザインされている。

アニメ

XY

アニメでは、ポケットモンスターXY第76話「ファッションショーでバトルです!タツベイVSシュシュプ」で初登場する。

アニメ版のマーシュは有名なファッションデザイナーで、クノエジムに直営店を置いている。ジムにいるスタッフたちは全員、マーシュのデザインした衣装を着ている。

手持ちのポケモンはバリヤード、クチート、ニンフィア、シュシュプの4体。ポケモンと会話することができ、ニンフィアやシュシュプ、ユリーカのデデンネとも会話する。

初登場時は、クノエシティで開催予定のファッションショー「ふりそでコレクション」に来るはずのモデルが手違いで来られなくなってしまって困っている。

そこにセレナとユリーカが現れたので代わりをお願いし、ふりそでコレクションを始める。

ショーが始まるとモデルが続々と登場し、マーシュも最後に登場して観客にあいさつをする。あいさつの最後に、自分のデザインした衣装はバトルのときに最も美しく映えると言って、トレーナーのショウタにポケモン勝負を挑む。

ショウタはタツベイを繰り出し、マーシュはタイプ有利なシュシュプで対応。マジカルシャインでタツベイに勝利する。

勝負後、マーシュはショウタに「おおきに。」とお礼を言って、ステージから立ち去る。

 

77話ではサトシとジム戦を行う。サトシが初手にヒノヤコマを選ぶのに対し、マーシュはニンフィアを繰り出す。はじめはヒノヤコマをリボンで捕らえて善戦するも、はがねのつばさを食らって敗れる。

続けてマーシュはシュシュプを繰り出し、トリックルームを使ってヒノヤコマを翻弄させてムーンフォースで破る。

サトシが次に出してきたルチャブルに対してもトリックルームを使って勝負を有利に進める。しかしジャイロボールの回転を利用したシザークロスでトリックルームを壊されてしまい、最後にとびひざげりを食らって敗北する。

勝負が終わるとマーシュはサトシにフェアリーバッジを進呈し、サトシの勝利に感動して迫るショウタと困惑するサトシを見て笑う。

 

83話でセレナがトライポカロンに出場するときに着ていた衣装は、マーシュがデザインしたもの。

原作のマーシュの思い耽るクセはアニメ版では見せていない。

マスターズ

メインストーリー

ポケモンマスターズにも登場し、バディ(相棒)となるポケモンはニンフィアになっている。

メインストーリーでは、主人公が大会WPMの本戦を勝ち進んでいるときに登場する。

カントー地方のジムリーダー、エリカとは知り合いで、エリカは主人公たちにマーシュを紹介する。

マーシュはデザイナーで、カロス地方ではマーシュがデザインした衣装1着でおおきなしんじゅ500個分以上の値がつくこともあるとエリカは話し、主人公たちを驚かせる。

キョウとイブキが服装のことで子どもから変と言われて悩む場面では、マーシュは2人にバディと合っていて素敵だと言って褒めている。

ポケモンマスターズの舞台パシオに来たばかりのときは、バディストーンを使えばポケモンになれると期待していた。叶わないと知ったときは落ちこんでいる。

アイデアが広がるかもしれないという思いでイッシュ地方のジムリーダー、カミツレと会ってみたいと考えている。

マーシュはエリカたちとの会話でも時折思い耽って話が中断してしまうことがあり、イブキやカスミを困惑させている。

マーシュの言葉遣いを聞いたイブキにジョウト出身か尋ねられたときは「ええ、そうです。カロスでは歴史の国から来た乙女といわれとるんよ。」と答えている。

カミツレに会う場面では、マーシュはカミツレに自分がポケモンになりたいことを話す。するとその場にいたリーフからポケモンと心がひとつになれる方法を教わる。

バディーズわざを発動する方法でマーシュはニンフィアと心がひとつになり、カミツレとポケモン勝負をするために主人公のチームに加わる。

ポケモンになりたいと話すマーシュに、カントー地方のマサキのように本当にポケモンになってしまう方法は試せないとリーフが話している。

WPM決勝戦の前ではエリカとともにマイペースな姿を見せ、シンオウ地方のジュンを困らせている。

値段なんて 関係ないんよ
大事なんは どれだけ
着る人に あうかなんやから

ポケモンセンター

ポケモンセンターにいるときは、ポケモンになりたい想いやフェアリータイプのポケモンのことなどを話す。

  • クノエジムの部屋はひとつひとつ箱のようになっていて、お人形さんの家みたいで見てるだけで楽しい。ジムにいるトレーナーさんもそれぞれ着飾ってて、ひとつのショーケースのよう。
  • バディと一緒にポケモン勝負をすると気持ちが重なって、ポケモンに近づける気がする。でもまだ何か足りないから主人公とバディーズになりたい。
  • ポケモンになりたくて自分でデザインした服を着てる。なりたい自分になるために誰かの良いところを取り入れるのは、デザインもポケモン勝負も同じ。
  • ニンフィアとはイーブイのときから一緒。落ちこんでいたときはニンフィアがマーシュの腕に触角を巻きつけて気持ちをわかろうとしていたこともある。
  • フェアリータイプのポケモンになりたいという想いで今着ている衣装を考えた。相棒のニンフィアは自分と似てるからパシオの地でバディになれたのではないか。

フェアリータイプは
つきあうほど 新しい 発見があるんよ

初めての 人には やさしゅうて
ずっと 一緒に いたら
毎日 新しい 驚きを くれるんよ

ああ…… うちも フェアリータイプの
ポケモンに なれへんやろか

バディーズエピソード

バディーズエピソードでは、ホープトレーナーにからむバッドガールを退散させ、ニンフィアの性質や自分の衣装について主人公に話す。

ニンフィアの波動を浴びると相手は戦いをやめたくなると話すマーシュは、自分がデザインしたこの衣装でも相手の戦う気をなくせないかと言って、ゆったりとした動きを主人公に披露する。

披露し終えたあとに効果はあったか主人公に尋ね、主人公が「あったよ!」と答えるとマーシュは喜び、次はポケモン勝負で使ってみようかと話す。

その服も よう 似合ってはるし……
きっと うちの 作った服も
似合わはるやろなぁ

関連人物

ビオラ

ザクロ

ズミ