[ポケモン]ジムリーダー・ウルップ プロフィール、手持ちのポケモン

スポンサーリンク

 

XY

8つ目のジムリーダー

ウルップはカロス地方のジムリーダーの1人。2013年に発売された3DSソフト「ポケットモンスターXY」で初登場する。

ストーリーではバッジ8つ目最後となるエイセツシティのジムを担当している。

大きな体格をしており、腕を組んで防寒着をマントのように羽織っている。胸にはペンダントをかけている。

一人称は「おれ」で、相手には「おまえさん」。会話のときは「あれだよ」を口癖のように言っている。

ウルップという人物についてジム入り口の案内に「熱く 厚い 堅氷」と表記されている。

こおりタイプのポケモンを使用し、手持ちのポケモンはユキノオー、フリージオ、クレベースの3体で構成されている。

ストーリーではジムを訪れた主人公にこおりタイプについて説明し、ジムバトルを行う。

ジム戦ではユキノオー、フリージオ、クレベースの3体を繰り出す。

主人公が勝利するとアイスバーグバッジを進呈し、わざマシンNo.13「れいとうビーム」も一緒に渡す。

ジム戦を終えてすべてのバッジを手にした主人公に、ポケモンリーグに向けてのアドバイスを最後にする。

あれだよ

こおり ってのは
堅く そして もろいもんだよ

だから あれだよ

おまえさんが どんな ポケモン
どんな 技を くりだせるかで
おれの 強さも 変わっちまう……

だが それが いいんだよ

能書きは どうでも いいか
ほら ポケモン だそうや!

ジムは巨大なパズル

ウルップが担当するエイセツシティのジムは、巨大な四角のパズルになっている。挑戦者がスイッチを押すと四角の通路が変化し、うまく並べることで前へ進めるようになる。

通路を渡り、白い階段を上がった先にジムリーダーウルップがいる。

スイッチの周辺にはジムトレーナーが配置されており、トレーナーたちに勝利することでスイッチが押せるようになる。

ジムトレーナーはエリートトレーナーで構成され、ウルップ同様こおりタイプのポケモンを繰り出す。

ポケモンの保護者

ウルップはジムリーダーだけでなく、エイセツシティの近くにあるポケモンの村でポケモンの保護も行っている。

ポケモンの村には人間によって傷つけられたポケモンたちが集まっており、心配でときどき様子を見に行くと主人公に話している。

ウルップはポケモンの思い出を見抜くことができ、主人公のポケモンは良い思い出を持ってると判断し、村のポケモンたちに「この人は大丈夫だ」と伝える。

ウルップの話す「強すぎるため孤独でいるポケモン」とはミュウツーのことで、主人公が殿堂入りを果たすと戦うことができる。

ここは あれだよ

ナイショの 村
ポケモンの村 だよ

悪い 連中に
ひどい めに あわされたり

心無い トレーナーから 逃げ出した
ポケモンの 集まり だよ

……強すぎるため 孤独で いる
ポケモンも いるようだがね

マーキス

ジム戦後、お金持ちやジムリーダー、四天王が集まる施設、バトルシャトーでウルップと戦うことができる。

ウルップの爵位はマーキスで、ユキノオー、フリージオ、クレベースの中から2匹を繰り出して主人公と勝負する。

大きな体格であるためか歩き回ったりはせず、部屋の奥で待ち構えている。

階級 男性 女性
男爵 バロン バロネス
子爵 ヴァイカウント ヴァイカウンテス
伯爵 アール カウンテス
侯爵 マーキス マーショネス
公爵 デューク ダッチェス
大公 グランデューク グランダッチェス

あれだよ

闘うことで わかるとか
絆が 強くなるとか いうけど
楽しいから やるんだよ

能書きは どうでもいいか
ほら ポケモン だそうや!

小ネタ

  • ゲーム内で見ることができるテレビ番組「ジムフリーク」では、ウルップが映画館で男泣きしている姿をリポーターのハルナが目撃し、上映タイトルが「ハチクマン」だったと伝えている。(ハチクはイッシュ地方のジムリーダーの1人で、俳優もしている人物)
  • 同番組で、首にかけてるロケットには最愛のポケモンの写真を入れている噂があるとも伝えている。
  • ウルップについて、ハルナからは「シブいよお 男の中の男だよお!」と評されている。
  • 「ポケットモンスターXY 完全ストーリー攻略ガイド」にウルップの設定資料が掲載されている。胸に下げているペンダント(ロケット)には子ども2人と奥さんが写った写真が入れられており、ジムフリークの噂の真相は家族の写真だったことがわかる。
  • 設定資料では、クレベースの背中に乗って海氷ただよう水の上を進むウルップを見ることもできる。

アニメ

XY&Z

マスターズ

メインストーリー

ポケモンマスターズにも登場し、バディ(相棒)となるポケモンはクレベースになっている。

メインストーリーでは、ガンピと共にキリヤをブレイク団から救出し、キリヤの頼みで大会WPMに出場している。

主人公への強いライバル意識を持つキリヤを察してか、ウルップはガンピ、キリヤとチームを組み、決勝トーナメント2回戦に出場する。

2回戦の対戦相手は主人公チームで、キリヤは「自分のすべてを出し尽くし、今日ここでお前を追いこす!」と言って勝負を始める。

勝負の末キリヤチームは敗れ、主人公に負けて落ちこむキリヤにウルップは励ましの言葉をかけて3人は退場する。

キリヤは最後にウルップとガンピにチームを組んでくれたことを感謝し、ウルップたちもキリヤに敬意を示して去っていく。

あれだよ あれ
今度は おれたちと
ポケモン勝負 しような!

じゃあな キリヤ!

ポケモンセンター

ポケモンセンターにいるときは、氷や家族のことなどを話す。

  • 氷は堅くてもろい。温めればもろく、冷やせば堅い。そんな風に変わってしまう強さが良い。状況ごとに変化する強さを大事にしている。
  • なにがあっても強さが変わらず、時と場合に振り回されない。そんな厚みと重さのある魂を持て。
  • 一年中、薄着をしていても寒くないのは魂が熱いから。でも寒いときは寒いから気合が出ないときは温かくする。
  • いつもクレベースと一緒にポケモン勝負を楽しんでいる。どんなときでも楽しんだものが勝つ。時間は限りがあるから考える時間はない。
  • 人それぞれ考えていることが違うように、ポケモンも考えていることは違う。だからポケモンと一緒になにかを楽しめるというのはすごいこと。
  • ポケモンの村に行ってほしい。きっとポケモンに優しくなれる。心無いトレーナーはどこにでもいる。傷ついたポケモンを見かけたら、温かい心で優しくしてやってくれ。
  • かみさんにだけは弱い。結婚記念日を忘れて怒られたことがある。かみさんのぜったいれいどの目だけはどうしても苦手。
  • クレベースの割れ目は大きいからたまに掃除しないと物が詰まる。前に子どもへ渡すプレゼントが挟まっていたこともある。

あれだよ 堅い氷の おれだけど
かみさんに だけは 弱いのさ

あれだよ あれを きかれてな
だけど おれは ドわすれ してた

もうすぐだよな あれって
そう 答えたら 怒られたよ

あれって いつだよ ってね
てか あれって なんだっけ……

あれだ 結婚記念日だ
誰にでも 苦手なものは あるもんだ

バディーズエピソード

バディーズエピソードでは、せまい洞窟を通ろうとしているところを主人公と遭遇する。

道がせまくて通れそうにない状況に「人生においてこういうことはしばしばある」と言って自分の性分についてウルップは話し始める。

自分は細かい気配りはできないし、我慢も得意じゃない。やりたいことを思うままやるから、かみさんによく怒られる。

今も主人公に迷惑をかけている。しかし主人公の前に立つことで守ってやることはできる。クレベースは本気を出したケッキングにだってひっくり返されない。だからたっぷり頼ってくれ。

そう話すとウルップは主人公のことをいいやつと言って、来た道を引き返そうとする。

進んだつもりが戻されることもある。譲れない生き方をしているとこういう時大変だ、と最後に笑う。

だけど おれは
氷の ように 堅固だ

細かい 気配りは できないし
我慢するの だって 得意じゃない

やりたいことを 思うままにやる
ジムを かみさんに 任せて 旅にでる
だから よく 怒られる

……あれだよ
悪いとは 思ってるんだよ

関連人物

ハチク

ガンピ