2020/05/15

[ポケモンGO]マリルリ・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。圧倒的なタフさと攻撃力を活かす

 

解説

スーパーリーグ代表である高耐久+高威力のマリルリ

スーパーリーグで採用率の高いマリルリをうまく使うために、わざの型やおススメパーティー、各ポケモンとの有利不利について解説していきます。

レジスチル同様、マリルリ対策のポケモンが多くスーパーリーグにいます。

マリルリは高耐久、高威力を兼ね備え、安定した立ち回りを見せてくれますが、スペシャルわざのたまりがやや遅いのが難点。

そこを狙って、シールドを使いながらマリルリを突破していくポケモンが多くいます。

それらに負けることなくマリルリを最大限に活かすために、この記事を参考にしてみてください。

 

 

 

 

技の型

あわ/れいとうビーム/じゃれつく

れいとうビームでチルタリスや、不利なくさタイプと対抗できる。じゃれつくは対マリルリ、ブラッキーに有効。

ハイドロポンプがないため、はがね相手にはどうしようもなくなるので、不利な場面が多くなる。

ハイドロポンプを持っているかのようにハッタリをかませば、うまく立ち回れることもある。

 

あわ/れいとうビーム/ハイドロポンプ

一番多い型。ハイドロポンプではがねタイプと応戦。れいとうビームでチルタリス、くさタイプを対処。素早くスペシャルわざを出したい時にも、れいとうビームは有効。

幅広く対応できるので、大負けしにくい型。

 

あわ/じゃれつく/ハイドロポンプ

じゃれつく型の場合、対マリルリ、ブラッキーの時に有利になる。この2匹と対面することは多いため、じゃれつく型も選択の一つに。チルタリスにばつぐんで与えられるのも大きい。

くさタイプにはさらに不利になってしまうため、パーティーの構成でうまくカバーしたい。

 

 

対策

※名前の横に書かれている数字は有利不利の比率です。

得意なポケモン

◎チルタリス 7:3

りゅうのいぶきを2重耐性で受けられ、こちらのれいとうビームが2重弱点、じゃれつくをばつぐんで与えられるので有利。初手で対面した場合は、相手が交代受けを狙いつつ、ゴッドバードをためることがあるので、スペシャルわざ発動のタイミングに気をつける。

 

◎リザードン 7:3

圧倒的に有利。すべてのわざを耐性で受けられる。あわで削りながらゲージ貯めに利用する。相手が交代したら、こちらも別のポケモンで対応し、マリルリを対リザードン用にキープ。

 

◎アローラガラガラ 7:3

相手はほのおタイプなため、圧倒的に有利。ブラフのほねこんぼうも気にせず、突破していきたい。ハイドロポンプが決まれば気持ちいい。

 

〇レジスチル 5:5

ハイドロポンプ2発で沈められる。序盤ならほぼ確実にレジスチル側がシールドを張って、ラスターカノンで対抗する。パーティーの構成次第で、こちらもシールドを張るか張らないか決める。

 

〇トリデプス 6:4

あわ、ハイドロポンプをばつぐんで与えられ、トリデプス側は等倍になるため、有利に戦える。ハイドロポンプ読みで別のポケモンに交代してくることがあるので、そこを警戒。

 

〇クチート 6:4

レジスチル対策のほのおのキバ型がほとんどなので、耐性受けできる。ハイドロポンプ1発当たればほぼ沈められる。アイアンヘッドかじゃれつくを1発撃たれる程度なので、突破しやすい。

 

〇ジラーチ 5:5

お互い等倍での攻撃になるが、耐久力の差でマリルリ側が有利。はめつのねがいを連発されるが、ハイドロポンプ+あわで突破。

 

〇エアームド 6:4

お互い等倍での戦いになり、基礎性能の差でマリルリが勝つ。ハイドロポンプとあわで沈められるが、相手の交代受けに注意。エアームドのHPがわずかなら、等倍になるれいとうビームを使う。

 

〇チャーレム 6:4

チャーレムの技はサイコキネシス以外耐性で受けられ、こちらの技は等倍で与えられるので有利。パーティー内のレジスチルやブラッキーがチャーレムと当たらないよう、うまくマリルリと対面したい。

 

〇ドクロッグ 5:5

ドクロッグは耐久力が低いため、れいとうビームだけでも致命傷になる。ただしヘドロばくだんを食らえば、一気に不利になるので読みが外れたら負けることも。ドクロッグ側はシールド前提で戦ってくるので、後続で有利なのがいなければマリルリで戦っていく。

 

〇ヤルキモノ 6:4

カウンターを耐性受けでき、マリルリの高耐久で押し勝てる。のしかかりの威力は低いので、シールドを張らずに突破する。レジスチル、ブラッキー、ゴーストがヤルキモノと対面しないよう、うまくマリルリと戦わせたい。

 

〇ナマズン 5:5

耐久力の差でマリルリがやや有利。こちらの技をシールドで防いで突破してくることもあるが、威力の低いどろばくだんにシールドを張るのは少しもったいない気がする。後続次第でマリルリを残すか、相手に突破させるか決める。

 

〇ブラッキー 5:5

じゃれつくがあれば、確実に有利。れいとうビーム型ならハイドロポンプで戦うことになり、シールドを張られたら負けることも。ブラッキー側がこちらのわざの型を知るために、1回受けてくることがある。じゃれつく型でない場合は、相手にシールドを張らせて後続に持ち込むか立ち回りを考えていく。

 

〇ヤミラミ 6:4

ヤミラミ側のイカサマを耐性受けできるため、有利な対面。れいとうビームでもほぼ致命傷になるので、相手にプレッシャーを与えられる。

 

苦手なポケモン(対策ポケモン)

×フシギバナ 3:7

ハードプラントもヘドロばくだんもすべてばつぐんで食らってしまうため、まず勝てない。終盤のれいとうビームで逆転勝利は狙える。つるのむちでゲージ貯めに利用されやすいので、なるべくすぐに交代する。

 

×メガニウム 3:7

フシギバナとほとんど同じ。れいとうビーム型なら、そこに希望を見出す。じゃれつく型で、れいとうビームのブラフとして撃っても1回は受けられるのであまり意味がない。

 

×ウツボット 3:7

はっぱカッターでみるみる減らされるので、1秒でも早く交代したい。後半で当たったら絶望的。れいとうビームが間に合うか。

 

×ダーテング 3:7

あわを耐性受けされ、れいとうビーム、じゃれつくを撃つ前にリーフブレードを連発されるのでまず勝てない。それどころかバークアウトで大きくゲージ貯めに利用されるので、すぐに交代する。

 

×トロピウス 4:6

くさタイプの中でも高耐久で、リーフブレードが怖い。れいとうビームを2重弱点で与えられるため、1発逆転は期待できる。が、基本的に対峙しないようにしたい。はっぱカッター型ならどうしようもない。

 

×アローラライチュウ 3:7

相手はシールドを使って、マリルリを突破してくる。シールドがない状態でもかみなりパンチを連発されたり、ボルトチェンジでガンガン減らしてくるのでほぼ勝てない。アローラライチュウ対策のポケモンをパーティーに入れて立ち回る。

 

×ランターン 4:6

相手のでんき技をばつぐんで受けてしまい、じゃれつく以外の技を耐性受けされてしまうので不利に。マリルリ、レジスチル対策にランターンが使われているので、カバーできるポケモンを用意したい。

 

×デンチュラ 3:7

ボルトチェンジ+ほうでんでまず勝てない。対面したらすぐ逃げる。ランターンと同様に、マリルリとレジスチル対策に使われる。さらにむしのさざめきでブラッキーやエスパータイプにも対抗できるので、パーティー選択を難しくさせる。

 

△メルメタル 5:5

いわなだれの回転の早さで押し負けやすい。ハイドロポンプ対策に必ずシールドを1枚張ってくる。後続に任せるか、シールドを使って倒すかはパーティーの構成次第。

 

△マリルリ 5:5

技の型によって有利不利が変わってくる。じゃれつくがあれば安心だが、れいとうビームの場合は不利に。じゃれつく型と見せかけてプレッシャーをかけてくることもあるので、まずは1回受けて相手のわざ構成を確認する。

 

△ピクシー 5:5

じゃれつく、れいとうビームだと押し負ける。ハイドロポンプが1発当たれば勝てるが、大体シールドを張られて沈められる。こちらがシールド1枚多い状況になるので後続に任せる。

 

△プクリン 5:5

ピクシーとほとんど同じ。プクリンのHPをギリギリまで削って、後続の起点に利用する。

 

△サーナイト 5:5

シャドウサーナイトがほとんどでピクシーと、プクリンと同じようにシールドを張ってあまえるで押し切られる。たまったゲージでシャドーボールを撃たれるので、後続に出すポケモン選びは慎重に。

 

△ラグラージ 4:6

ヘドロウェーブが高威力で、ブラフのハイドロカノンもくり出されやすいので、戦いにくい相手。運要素がかなり強く、後続に交代してもうまくいかない事もあるので、マリルリで戦えるところまで戦うか、後続に期待するかが難しい。

 

△マッギョ 4:6

マッドショットによるほうでん連発が怖い。こちらのあわやれいとうビームはばつぐんで与えられるが、スペシャルわざの回転の差で負けやすい。シールドを張るべきか否かが難しい。

 

△デオキシス 4:6

カウンターを耐性受けできるが、10まんボルトが致命的。ブラフにいわなだれを使ってくることがあるので、安易にシールドは使えない。ハイドロポンプでシールドを1枚使わせて退場するか、れいとうビーム、じゃれつくをうまく使って2回スペシャルわざを使えるように立ち回るべきか。

 

△スリーパー 5:5

スリーパーはわざの型が多いため、相手のわざ次第で有利不利がまったく変わる。かみなりパンチ型なら勝てないが、それ以外なら可能性はある。ねんりきが痛いので、相手にゲージ貯めに利用されながら突破されやすい。

 

△ゴースト 4:6

シールド前提でくり出してくるので、マリルリのゲージのたまりが少ない場合は撤退。れいとうビームが2回すぐ撃てる状態なら戦う。あわだけでもかなり減らせられるので、突破されたとしても後続次第ではなんとかなる。

 

 

おすすめパーティー

マリルリ/チルタリス/レジスチル

スーパーリーグにおいて最も王道な型。3匹いずれも高耐久、高威力でそれぞれの弱点を補完し合ってるので、安定性がある。

まずスーパーリーグで戦ってみたいならこの3匹で挑戦し、自分の得手不得手を知り、応用していくのがおススメ。

自分の思うような構成に、マリルリを1匹入れることで安定性を高められる。

 

ナマズン/エアームド/マリルリ

大負けしにくい型。くさ対策にエアームドを採用することで、はっぱカッター型やダーテングに壊滅させにくくする。

初手でくさタイプを出されるとかなりキツいが、それ以外だと負けたとしてもボロ負けになることはない。

 

ブラッキー/マリルリ/ゴースト

ブラッキー、マリルリで相手にシールドを使わせた後に、ゴーストのシャドーボールで殲滅させる構成。

ゴーストが切り札なので、ブラッキーの部分をレジスチルやメガニウムにして、相手にシールドを使わせるようにしたい。