[ポケモンGO]初心者講座・一気に上級者になるための情報まとめ

 

概要

この記事を読めばあなたも今すぐGO上級者 かも

ポケモンGOで知っておくべきことを、ひと目でわかるように1記事にまとめてみました。

調べたいことがあっても各攻略サイトを見る手間があったり、古い情報だったりするので、なるべく最新の情報としてまとめてあります。

始めて間もない初心者さんでもこの記事を把握すれば、ベテランプレイヤーともすぐに会話についていけます。多分

自分用にまとめているので、ゲーム内の仕様が変更された時は早めにこの記事の内容を修正してます。

 

 

 

 

基本

初心者に伝えたいこと

・楽しんでください

・チームは問答無用で赤を選ぶべし。最も人口が多く、レイドやジムが楽になる。間違っても黄色は選ばないこと。

・ほしのすなは大切に。強化すべきポケモンが多すぎるので、いくらあっても足りない。使うタイミングはお気に入りのポケモンかレイド用のポケモンに。

・1人で複数のアカウントを利用することと、GPSを故意に偽装してプレイするのは禁止されている。GPSズレはどうしようもない

 

リサーチの種類は3つ

・スペシャルリサーチはウィロー博士と会話しながら進めるタスク。長期的な内容で、幻ポケモンや課金アイテムなどを得ることができる。

・フィールドリサーチはストップから受けられ、様々な内容のタスクを進める。クリアすると報酬(リワード)でポケモンやアイテムがもらえる。

・ポケモンリサーチはフィールドリサーチのタスクをクリアすると、1日1回スタンプが押される。7回押すと「大発見」となり、期間限定の報酬が得られる。

 

図鑑を完成させるために

・水タイプは川や海に接した場所に出現しやすい。草タイプは山など内陸側。

・期間限定ポケモンはイベントで手に入るので、取り逃した場合は復刻イベントを待つ。(デリバードはクリスマス、ミカルゲはハロウィンなど。大体年に1回)

・各国にしか出現しないポケモンがいて、地域(海外)限定ポケモンと呼ばれている。日本限定はカモネギ。バリヤードはヨーロッパ地方、シンボラーはエジプトなど。

・地域限定ポケモンは世界中を巡らないと集められないので、図鑑を揃えられたプレイヤーは少ない。

・期間限定、地域限定のポケモンを早く手に入れたいなら、持っているプレイヤーとフレンドになって交換してもらう。

・まだ実装していないポケモンは、今後のアップデートを待つ。

・原作シリーズからポケモンGOにポケモンを連れてくることはできない。ポケモンGOから原作へ送ることはできる。(例:ポケモンGOから色違いフシギダネをSwitchソードシールドに送る。逆は不可。)

 

 

ポケモン

ポケモンの価値・相場

・おおよその目安は以下の通り。

地域限定>大発見限定>期間限定>タマゴ限定>星4レイドボス>伝説>星3以下レイドボス>野生

例:ペラップ>花飾りイーブイ>ミカルゲ>フカマル>アローラガラガラ>カイオーガ>ギアル>ロゼリア

・入手の機会が限られているものほど価値が高くなる。色違いの価値も大体これに当てはまる。

・伝説の色違いはインパクトはあるが、イベント期間が長かったり復刻も度々しているので、実際の価値はそこまで高くない。

・海外へ行ってまで地域限定ポケモンをとってくる人は多くないため、ペラップ、イルミーゼなどは価値が高い。

・逆に海外の人たちにとっては、日本でしか捕まえられないカモネギの価値はとても高い

 

色違い

・野生はポケモンをタップしてゲット画面に移った時点で色違いかどうか確定する。フィールド上ではわからないので、まずはタップして確認。

・色違い確率 野生1/500、タスク1/60、タマゴ孵化1/50、通常レイド1/50、伝説レイド1/20、コミュニティデイ1/25。らしい。体感もっと低い気がする

・全部のポケモンに色違いが実装されているわけではない。小出しで実装されてるので、実装されているか攻略サイトで確認。

・月1で開催されるコミュニティデイが最も大量に色違いをゲットできるチャンス。なるべく参加

 

地域限定ポケモン

・ゲット方法は以下の3通り。いずれも時間がかかる。

1.各国へ旅立ってゲットしに行く。旅費がかかる。

2.海外へよく行くプレイヤーを見つけて交換してもらう。SNSで募集したり、人づてで紹介してもらったり等。希少な色違いやアンノーンを用意する。

3.地域限定ポケモンが日本にも出現するイベントが開催されたので、今後も期待する。

 

技の選び方

・ノーマルアタック、スペシャルアタックは同じタイプに統一したほうが使いやすい(カウンター、ばくれつパンチ など)

・わざの種類が1種類しかないポケモンにはわざマシンは使えない。メタモンなど

 

レガシー技

・コミュニティデイなどの期間限定イベントで覚えるレガシー技は、有用なのとそうでないものがある。コレクターなら覚えさせてもいいし、戦力目的ならコメットパンチメタグロスのような有用ポケモンのみ集める。

・レガシー技を覚えさせる際に、リトレーンポケモンの場合はおんがえしを忘れる。スペシャルわざマシンで、前もっておんがえしを忘れさせておく必要はない。

・リトレーン+解放していた場合は、おんがえしを忘れてレガシー技を覚える。

 

レベル、ほしのすな、アメ

・ポケモンにはレベルがあり、最大Lv40。少人数レイドクリアをする時にほしのすなが大量に必要になる。目安は1,300,000

・ポケモンレベルの略称はPL

・ポケモンレベルの見方はすなとアメの要求量でおおまかにわかる

・ほしのすなの要求量が5000になってから、2回強化するとLv30になる。CPの上昇値が半減したらLv30

・Lv1からLv40まで上げるためには、ほしのすな270,000、アメ304個必要

・CPの上昇値が下がるLv30から40まで上げるには、すな150,000、アメ182個必要

・野生でGETできる最大Lv35からLv40まで上げるためには、すな88,000、アメ118個必要

 

 

フィールドワーク

野生

・フィールド上の野生ポケモンはCPと個体値が全アカウント共通。タスクとレイドのポケモンはアカウントごとに異なる。

・野生ポケモンはタップした時点で色違いか判定される。2回目以降はタップしても結果は変わらない

・フィールドに存在するポケモンの下に表示される波紋はポケソース、渦巻は天候、ピンク色の波紋はモジュール、花びらはおこうによるものを示す。

 

タスク

・みんポケなど情報共有サイトで各ストップのタスク内容を調べておくと効率UP

・的のデカいポケモンはエクセレントスロー、グレートスローを当てるのに便利。ウソッキー、オドシシ、レイドボスなど

・タスクによる色違いを狙っているなら、3つまとめてこなすと効率的。特に連続スローなどの難しいタスクは3つ受けてから消化する。

・パッチールタスクは月ごとに模様が決まっている。

 

アイテム

・ギフトの入手上限は1日100個。0時から翌日の23:59まで

・ズリのみ ジムのポケモンにあげてすなかせぎ

・ナナのみ 使い時があまりない。ジムポケ行き

・パイルのみ 強化やほしいポケモンのアメ稼ぎに。

・金のズリのみ 伝説レイド、野生色違い、ジム防衛の時に。たくさん欲しい

・銀のパイルのみ レイドでアメも稼ぎたい時に。ちょっと捕まえにくいポケモンの時に

・たいようのいし~アップグレードで進化できるポケモンは少なく、ストップから入手しやすいので、図鑑登録済みなら捨てても問題ない

・シンオウのいしで進化するポケモンは多く、レイド用に使えるポケモンも多くいるため、積極的に取っていく

・イッシュのいしは入手法が限られた貴重なアイテム。地域限定ポケモン(バオップ、ヒヤップ)の進化にも必要なので、手に入れたら慎重に

 

課金アイテム

・ハイパーボックスなどのセールボックスの入れ替わりは不定期。コミュニティデイのタイミングだったり、イベントの時だったり。

・ルアー系は200ポケコインと比較的高いので、タスクでもらえたものを大事に取っておく。ジバコイルやリーフィアなど進化させる時はアメを貯めてから一気に使う

 

 

ジム

防衛

・防衛できた時間ごとにポケコインがもらえ、1日最大50コインもらえる。無課金で楽しみたい人は防衛でポケコインを稼ぐ

・各ポケモンに実をあげられるのは30分に10個まで。

・金のズリのみを与えると、距離関係なく全回復。

・ハピナスがジム防衛最強。設置はハピナスを軸としたポケモンを選ぶ。かくとうタイプが苦手とし、弱点が少ないものが有効。

・防衛候補:ハピナス、ラッキー、ケッキング、サーナイト、トゲキッス、ギャラドス、カイリュー、メタグロス

・見た目が強そうで高CPであっても、弱点の多いポケモンは防衛には不向き。置かないようにする。例:ドサイドン、ボスゴドラ、バンギラス

・伝説レイド開始15分前ぐらいから金ズリ防衛でジムを死守する様子が見れる時がある。

 

侵攻

・幅広く効果ばつぐんを持つかくとう、じめん、こおりをパーティーに組むのがおススメ。

・ジムを落として10分も経たずに別チームに乗っ取られるのは精神的にキツイ。つらいならジムでの50コイン稼ぎをやめて課金するべし

 

3つの勢力

・赤チームが最も人口が多い。レイドのゲットチャレンジを楽にするためにも、赤チームがおススメ。都会に行くほど赤チームのジムが目立つ。

・青チームが2番目に多く、レイドのボール稼ぎも含めてあちこちのジムを占拠している。都会、田舎どこにでも一定数の青ジムがある。

・黄チームが最も人がいなく、ジムにポケモンを置いてもすぐに奪われがち。いじめられっ子チーム。田舎へ行くほど黄色チームのジムが多い傾向がある。

 

 

レイド

基本

・レイドタマゴの出現時間帯は5:00~20:30。大体21:30までには全て終了する。深夜に出現しないのは防犯や苦情防止のため?

・レイドバトルが終了したジムに再びレイドタマゴが出現するのは約4時間経ってから。

・レイドタマゴが孵化して挑戦できるのは基本45分間。

・難易度4までは討伐の制限時間が180秒。難易度5とEXは300秒。

・制限時間内にレイドボスを倒せなくても、レイド開催時間内ならレイドパスを使わずに何度でも挑戦できる。

・レイドボスを倒せなかった場合、最初の1回目だけほしのすながもらえる。2回目以降は負けても何ももらえない。

・ジムから離れすぎるとレイド待機後に終了してしまう。ジムの位置に戻れば再開できる。唐突なGPSズレでも焦らない

・レイドが全く発生しないジムは、近隣の苦情の可能性が高い。路駐が多い、声がうるさいなど

 

ゲットチャレンジ

・野生と違い、レイドの場合はプレイヤーごとにCPと個体値が異なる。

・ゲットチャレンジ画面の個体値を見るだけで高個体か判定できる。攻略サイト参照。

・金ズリカーブエクセレントスローが理想。難しいならとにかく当てることに集中

・レイドボスを確実にゲットしたいなら1個でも多くボールを得ておく。

・ボール最大獲得数は18個(参加賞6、ダメージ量3、ジムの所属2、チーム貢献度3、大親友4)。

・レイドタマゴが孵化するまでに、ジムを自分の所属しているチームにしていたら、ボーナスでボールが2個増える

・仲良し以上のフレンドと一緒に参加すればボーナスでボールが増える(仲良し1、親友2、大親友4)

・チーム貢献度は参加したプレイヤーの比率で決まる?

・ダメージ量やチーム貢献度を考慮してあえて少人数レイドにするのもアリ。だと思う

・トレーナーレベルとゲット確率は関係ない。らしい

・レイドボスを倒した後にゲームが終了してしまった場合は、再度ジムに戻ればゲットチャレンジが始まる。

・レイド報酬はボスを倒した時点で獲得できている。ぼうけんノートで確認。

・レイドのゲットチャレンジで色違いが出た場合、ボールを当てるだけで必ず捕獲できる。カーブボールやエクセレントを狙う必要がない。パイルのみを使ってゲット

 

少人数クリア

・難易度5(伝説、EX)は3人でもクリア可能。2人はレイドポケモン次第。1人は不可

・難易度4は2人でもクリア可能。1人では不可。バンギラスだけ可?

・難易度3以下は1人でもクリア可能。

・少人数でクリアするなら種族値、個体値、CP、天候ブースト、大親友アタックボーナスの5点を考慮

・少人数レイドクリアは攻略サイトの解説よりも、動画を見たほうが参考になる

 

ジム、レイドでの攻撃力の上げ方

・タイプ一致(ポケモンのタイプと技のタイプが同じ)の場合は20%UP 例:ミュウツーとサイコキネシスの組み合わせは火力アップ。きあいだまやれいとうビームは上がらない

・天候ブーストの状態で20%UP(ジム、レイド)。少人数レイドをする時は現在の天気をチェック。

・アタックボーナスは仲良し3%、親友5%、大親友7%上昇。実際は火力にそこまでの変化はないらしい

 

 

EXレイド

仕組み

・およそ1週間(7~9日)に1回実施される特別なレイド。EXレイドパスをもらい、指定の日時と場所に向かえば参加できる。

・ミュウツーやデオキシスなど、EXレイドでしか入手できない幻や伝説のポケモンが一定期間登場する。

・EXレイドのポケモンはおよそ3ヶ月ごとに入れ替わる。

・EXレイドパスの入手法は、「特別なレイドバトル」と記載されているジムでレイドに勝利(抽選)→ゲーム内システムで抽選に選ばれる。

・勝利した時点で抽選できており、捕獲はしてなくてもOK。らしい

・当選したら午前4時頃に招待状が届く。

・特別なレイドバトルに指定されるジムは、スポンサーか公園のどちらか。公園でも「特別なレイドバトル」に記載されていないところは多いので注意。

・招待状が配布されてEXレイドが開催されるまでは、そこのジムに「特別なレイドバトル」の表記がなくなる。

・EXレイドパスの抽選にレイドの難易度は関係ない。らしい。難易度1のギアルでも当選できる。

・当選確率を上げる方法は、ジムのバッジのランクを上げる、何度も参加する、の2点。

・親友以上のフレンド1人をEXレイドに招待できる。

・フレンドから送られる招待状の所持限度は1枚。

 

当選のコツ

・マクドナルド、イオンの特別ジムは激戦区。座ってゆっくりできる所ほど当選しにくい。

・田舎の公園、山頂など人が立ち寄らない場所ほど当選しやすい。

・都会よりも田舎のほうが当選しやすい。駅周辺よりも車で行くような所が当選しやすい。

・1ヶ所のジムで金バッジにしたり何回も参加するよりも、複数のジムに1回ずつ応募したほうが当選しやすい。

・S2セルという区画ごとにEXレイドは開催される。現在はレベル13で区分。S2セルを調べて、区画ごとの特別ジムに参加するのが安定的に招待状を得られる。

 

小ネタ

・招待状の配布は週ごとに1アカウント1枚。稀に2枚配布されるらしいが、理由は不明。(不具合か指定ジムが過疎すぎ?)

・フレンドからの招待状は1枚までだが、運営(自動配布)からの招待状の所持限度はない。

・複数の特別ジムに応募(マーキング)した時、最も過疎っているジムの招待状が配布されやすい。

・EXレイドのタマゴが孵化してスタートした時点からは、そのジムの招待はできなくなる。招待するならタマゴが孵化する前までに。

・フレンドに招待できる機能を利用して、1日2回以上特別レイドに参加することは可能。(当日EXレイドパスを消費したら、すぐに別のジムのEXレイドパスを持つフレンドから招待してもらう)

・S2セルで区画分けしているため、1つの区画にEXレイドが開催されるジムが1つしかない場合は、実質約2週間に1回の開催となる。

 

 

ポケモンGOのルール

公式の規約

・運営が指定しないソフトウェアを使ってのプレイは禁止

・位置を偽装してプレイしてはいけない。

・1人1つのアカウントでプレイすること。

・1つのアカウントを複数人で共有しないこと

・データやアカウントの売買は禁止

 

実際にあったこと

・レイドアワーや伝説レイドの時に2~3台のスマホを手に持ってプレイしているサラリーマンや主婦がいるが、ほんとはダメ

・田舎だと複数のアカウントを使って1人でジムを占拠していることがある。設置時間がまったく同じだったり、似たアカウント名だったりする。

・周囲に誰もいないのにジムが攻撃されて乗っ取られた場合は、位置偽装の可能性大。国単位での位置偽装はBANされても、1~2㎞程度ならBANされにくいのかもしれない。

・友だちが海外旅行に行っているからと、地域限定ポケモンを捕まえてもらうために自分のアカウントを友だちのスマホでログインするのはNG。ログでバレてBANの可能性アリ。

・アカウントやゲーム内データを現金で取引するのは、オンラインゲーム全般で禁止されている。RMT禁止。