2020/04/16

[ポケモンGO]ハイパーリーグのおススメポケモン30選。勝利はこの中にあり

 

概要

伝説や御三家が入り乱れるハイパーリーグ

ハイパーリーグ勝てていますか。スーパーと違って伝説ポケモンやレガシー系が多く出るので、敷居が高く感じますよね。

オマケにげんしのちからでワンチャン狙おうとするのは、ハイパーリーグ特有のものでしょう。

せっかく善戦してたのに、相手のギラティナがげんしのちからを発動して、逆転負けされるなんて理不尽。

俺だけかもしれないけど、最初の一発目で発動されることが多い気がするの。げんしのちからほど、ヒヤヒヤさせるものはない

そんなハイパーリーグ界でのおススメのポケモンを紹介していきます。このポケモンたちで、ハイパーリーグはほとんど回っています。

CP上限が2500と高めの数値なので、未進化系などが出せないので、かなり限られています。

ではどうぞ

 

 

 

 

ドラゴン

ギラティナ・アナザー

りゅうのいぶきorシャドークロー/ドラゴンクロー/かげうちorげんしのちから

ハイパーリーグを代表する伝説ポケモン。圧倒的な耐久力と非常に速いスペシャルわざの発動で、安定の活躍を見せる。

ノーマル、スペシャルともに自分の好みで選択。ドラゴンクローは確定。

シャドークロー、かげうちを選べば、はがねやフェアリーに対抗できるが、カビゴンとアローラベトベトンには弱くなる。

りゅうのいぶき、げんしのちからを選べば攻撃力UPを見込めるが、フェアリー、はがね相手にはつらくなる。

強力なため、あらゆるポケモンに対策されているが、それでも十分戦えるので、まずおススメしたいポケモンの1つ。

 

ギラティナ・オリジン

シャドークロー/あやしいかぜ/シャドーボール

オリジン姿のギラティナ。アナザーのような耐久力はないが、高い攻撃力で放つシャドーボールはすさまじい威力。

あやしいかぜでステータスアップを狙いつつ、シャドーボールのブラフとしても使える。

ただ1タップ差しか変わらないため、基本的にシャドーボールを使ったほうが吉。

耐久力がさほど高くないため、短期決戦用。

 

キングドラ

りゅうのいぶき/オクタンほう/げきりん

ドラゴン枠の一匹で、たまに見かける。オクタンほうで相手の攻撃を2段階下げるのはかなりの脅威。

ギラティナほどの耐久力と攻撃力はないので、使うタイミングが難しいか。

 

 

フェアリー

トゲキッス

あまえる/かえんほうしゃ/げんしのちからorつばめがえし

フェアリー代表選手。あまえるでゴリゴリ減らし、げんしのちからでステータスUPを狙う戦い方。

少しでも早く高威力のわざを使いたいなら、つばめがえしも有効。

ひこうタイプなのでラグラージ対策としても有効。代わりにいわ、こおり、でんきに弱いのでメルメタル、フリーザー、げんしのちから持ちに弱い。

かえんほうしゃはゲージのたまりがとても遅いので、1発撃てるかどうか。はがね相手の対抗として使う。

 

ピクシー

あまえる/コメットパンチ/サイコキネシス

フェアリー候補の一匹。トゲキッスと違ってひこうタイプがないので、弱点が少なく選出しやすい。

バリアを張ってスペシャルわざを使うかは状況次第。苦手などくタイプ対策にサイコキネシスを持っているのは安心。

上限が2500に届かないので、がんばリボンで補強できる。

 

グランブル

あまえる/インファイト/かみくだくorじゃれつく

入手が比較的容易なフェアリー要員。

インファイトではがねやノーマルタイプに大ダメージを与え、かみくだくでギラティナ、アーマードミュウツーに善戦できる。

じゃれつくはフェアリー同士の時に。

インファイトはグランブルがやられる直前の、締めとして使うことが多い。

 

 

はがね

レジスチル

ロックオン/ラスターカノン/きあいだま

スーパーリーグ同様に活躍できる準伝説ポケモン。高耐久に強力なスペシャルわざで安定の活躍を見せる。

ラグラージ、かくとう、ほのおに弱いので、カバーできるポケモンをパーティに加えたい。ギラティナが基本選ばれる。

はがね特有の耐性の多さで活躍しやすいが、かくとうやじめんを覚えているポケモンが多いので過信は禁物。

CP2500に届かないので、がんばリボンで補強。伝説ポケモンなので育成難易度が高い。

 

メルメタル

でんきショック/いわなだれ/ばかぢから

はがね枠の1匹であり、幻のポケモン。

ゲージのたまりが早いでんきショックで、スペシャルわざをガンガン放てる。

ばかぢからを制する者が、メルメタルを制す。ばかぢから発動後のステータスダウン対策として、交代でリセットするのが基本。

2ゲージ分ためてから一気にばかぢからを発動するか、ブラフでいわなだれを放つかは状況次第。

レジスチルの代用感は否めないが、ゲージのたまりの早さといわなだれで、ほのおタイプとも十分戦える。

フリーザー、リザードンはいわに2重弱点なのでメルメタルの活躍は十分期待できる。

レジスチルと同様にラグラージに弱いので、対策用のポケモンを用意したい。

 

ハガネール

ドラゴンテール/かみくだく/じしんorヘビーボンバー

レジスチル以上に耐久力のある、非常に硬いポケモン。感覚的にスーパーリーグのトリデプスに近い。

かみくだくでギラティナに善戦し、じしんではがねタイプにもプレッシャーを与えられる。ヘビーボンバーはフェアリー対策に。

はがねタイプとはいえ、じめんとの複合なので水に弱い。ラグラージをはじめとした、みずポケモンが苦手。

みずポケモンに強いくさタイプか等倍でも勝てるポケモンをパーティーに加えたい。

 

ハッサム

バレットパンチorれんぞくぎり/つじぎり/アイアンヘッド

つじぎりで大幅攻撃力アップを狙うスタイル。大幅アップしたらバリアを駆使して、相手を削られるだけ削る。

れんぞくぎりはむしタイプなので耐性を持つポケモンが多い代わりに、ゲージのたまりは早い。バレットパンチははがねで、どちらにするかは好みに。

はがねタイプといっても耐久力は低く、等倍でも5割以上減らされたりと、安定はあまりしない。

ギラティナ、フェアリー対策として有効なポケモン。

 

 

かくとう

ニョロボン

マッドショット/ばくれつパンチ/れいとうパンチ

非常にたまりが早いマッドショットで、スペシャルわざを放てるかくとう枠。

ばくれつパンチではがね、ノーマル、みずを圧倒するので、対応の幅は広い。

れいとうパンチがあるとはいえ、ギラティナ・アナザーの圧倒的な耐久力には押し負けてしまう。くさ相手にもやはり不利なので、素直に交代する。

がんばリボンでCPを補強できる。

 

ルカリオ

カウンター/はどうだんorインファイト/シャドーボール

耐久力は低いが、ギラティナすら沈める強力なシャドーボールが魅力的なポケモン。

はがね、ノーマル、こおり相手にはどうだんで大ダメージを与えられる。

ハッサムのようにはがねタイプでも耐久力が低いため、バリアを確保した短期決戦用に。

 

 

エスパー

アーマードミュウツー

ねんりき/サイコブレイク/ばくれつパンチ

レガシー技であるサイコブレイク持ちのアーマードミュウツーは高耐久なのも含めて、ラグラージ対策に使える。

弱点があく、むしのみと等倍で戦うことが多いため、初手で出し負けが少ないのが魅力。

ただしはがねのような耐性の多さはないので、過信は禁物。

ギラティナ対策の影響がアーマードにも及ぶため、出すタイミングがなかなか難しい。

カビゴン、アローラベトベトン、ハッサムが苦手。ギラティナ相手にも押し負ける。

ねんりきからのスペシャルわざは相手に交代受けされたり、抱え落ちしやすいので、アーマードは玄人向け。

 

クレセリア

サイコカッター/みらいよち/オーロラビームorムーンフォース

アーマードミュウツー以上の高い耐久力を持つ。

オーロラビームやムーンフォースでギラティナに対抗できるが、シャドークロー持ちが多いため、接戦になりやすい。

アーマード同様、ギラティナ対策の影響を受けるので出す時は慎重に。

 

 

あく

アローラベトベトン

バークアウト/あくのはどう/ヘドロウェーブ

ギラティナの天敵。アローラベトベトンは高い攻撃力を持ち、あくのはどうでギラティナのHPを半分近く削る。

対フェアリー用にどくタイプであるヘドロウェーブを使う。トゲキッス相手なら8割近いHPを減らす。

ギラティナ、フェアリー、エスパー、フシギバナに強いため、出すタイミングが多いのでおススメ。

代わりにそれ以外のポケモンとは押し負けることが多いので、状況を見て選出。ラグラージをはじめとしたじしん持ちに弱い。

 

 

ノーマル

カビゴン

したでなめる/のしかかり/じしんorばかぢから

ギラティナ、エスパー、ラグラージ対策として有効なポケモン。弱点が少ないノーマルタイプなのも魅力。

かくとうタイプが苦手なので、ニョロボンをはじめとしたかくとう技持ちに注意。

じしんは、はがねやギラティナ相手に使えるが、たまりが遅いのでブラフでのしかかりをするのはかなりのリスク。

ばかぢから持ちでも、ギラティナ相手ならじしんと見せかけたブラフでのしかかりを使い続けて、バリアを消耗させることも期待できる。

 

ザングース

シャドークロー/つじぎり/インファイト

まれに見かける伝説キラー。つじぎりでギラティナを倒し、インファイトでレジスチルに大ダメージ。

ハッサムに似た立ち回りで耐久力が低く、対応できるポケモンは多くないので安定はしない。

入手のしやすさが魅力。ギラティナやレジスチルが多い状況で、意外性で勝ち抜きたい時に選ばれる。

 

 

こおり

フリーザー

こおりのつぶて/こごえるかぜ/げんしのちから

ハイパーリーグを代表するポケモン。確定で相手の攻撃力を1段階下げるこごえるかぜが脅威。

ラグラージ相手でも1回バリアを張ってからこごえるかぜを使えば、安定して勝てる。

やられそうな時でも、最後にこごえるかぜを使ってから退場できればベスト。

いわに2重弱点なので、げんしのちから持ちやメルメタルのいわなだれに弱いのが短所。

耐久力も高いほうなので、幅広く対応できるのでおススメ。フリーザーも準伝説なので育成難易度は高い。

 

ラプラス

こおりのつぶて/なみのり/れいとうビーム

レガシー技であるこおりのつぶて、れいとうビーム持ちのラプラスも、ハイパーリーグに登場。

こおりに耐性のあるはがねもなみのりで対応。耐久力も高いので、安定性がある。

みず相手だと時間のかかる泥仕合になりがち。

一瞬で死ぬようなことはないので、安定した勝ちを狙いたいならラプラスも候補の一つ。

 

 

みず

ラグラージ

マッドショット/ハイドロカノン/じしん

ハイパーリーグで暴れ回る恐るべきカエル(?)。ギラティナの次に使用頻度の高いポケモン。

即たまるマッドショットに、強力なハイドロカノン、じしんを使うので、ラグラージ以上の突貫力のあるポケモンは恐らくいない。

ギラティナ相手でも相手のバリアが残り1もしくはなければ、じしん2回で沈めることもできる。

くさの2重弱点以外の脅威がほとんどないので、相手がラグラージ対策していなければ、壊滅状態まで追い込むことができる。

ハイパーリーグではっぱカッター持ちはまずいないのが、ラグラージが多用される要因の一つ。

ラグラージを制するものが、ハイパーリーグを制する。と言ってもいいかもしれない。それほどラグラージは鬼の如く暴れる。

 

オーダイル

こおりのキバ/ハイドロカノン/かみくだくorれいとうビーム

こおりのキバでゴリゴリとギラティナやトゲキッスを削る。

くさ相手のフシギバナでさえ、はっぱカッターでない限り勝ててしまう。

対応の幅が広く、耐久力も低くないのでおススメしたいポケモン。

こおりのキバだとはがねやみず相手に苦戦するが、それでも活躍は十分に見込める。

 

エンペルト

たきのぼり/ハイドロカノン/ふぶき

はがねとみずの複合タイプなので、はがねを使いたい時の候補としても有効。

たきのぼりはゲージのたまりが遅いので、そこをどううまく扱うかが、エンペルトのカギ。

 

カメックス

みずでっぽう/ハイドロカノン/れいとうビーム

みずでっぽうでゴリゴリHPを減らしながら、ハイドロカノン、れいとうビームも食らわせるスタイル。

みずに耐性をもつギラティナがいるため、活かす場面は難しいかもしれないが、状況次第ではカメックスも一つの選択肢に。

 

ギャラドス

りゅうのいぶき/かみくだく/ハイドロポンプ

りゅうのいぶきとかみくだくでギラティナに押し勝ち、みずひこうという複合タイプでラグラージにも押し勝てるポケモン。

ハイパーリーグはでんき技を使うポケモンはほとんどいなく、げんしのちから持ちとメルメタルに気をつければ、かなりの活躍が期待できる。

意外と即やられることがないため、みずひこうという複合タイプのおかげで安定性がある。

 

 

ほのお

リザードン

ほのおのうず/ドラゴンクロー/ブラストバーン

ほのお枠の代表ポケモン。ドラゴンクローのおかげで勝てはしないものの、ギラティナ相手にも十分対抗できる。

はがね、フェアリー、フリーザーが多く登場するハイパーリーグで活躍できる。

みずポケモンも多くいるので、出番がないことも多い。状況次第では使えるポケモン。

 

バクフーン

シャドークロー/ブラストバーン/ソーラービーム

シャドークローで素早くブラストバーンを放てるポケモン。

ハイパーリーグではギラティナ、ラグラージが多用されるため、なかなかバクフーンを使うタイミングがない。

みず相手にソーラービーム1発で仕留めた時の快感はデカい。

 

 

くさ

フシギバナ

つるのむち/ハードプラント/ヘドロばくだん

ラグラージの天敵。ハードプラントでみずタイプを倒し、ヘドロばくだんでフェアリーを沈める。

肝心のギラティナには手も足も出ないので、パーティの構成が重要になる。

アローラベトベトン、はがねに苦戦するのも起用しづらい原因に。

 

メガニウム

つるのむち/ハードプラント/じしん

スーパーリーグで活躍するメガニウムはハイパーリーグでも十分通用する。

ラグラージ対策を基礎に、じしんではがねやギラティナとも対抗できる。

フリーザーにはどうしようもないので、対面した時は素直に引く。

 

ジュカイン

たねマシンガン/リーフブレードorハードプラント/じしん

バークアウトのようにたまりの早いたねマシンガンで、スペシャルわざを放てるポケモン。

回転率の高いリーフブレードか、高威力のハードプラントかは好み。リーフブレードのほうが採用率は高い。

じしんがあるので、はがねやギラティナ相手にも対抗できる。耐久力は高くないため、やられる前にやるスタンスになる。