2020/05/15

[ポケモンGO]ゴースト・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。圧倒的な攻撃力で敵を滅ぼす

 

解説

超火力のシャドーボールで相手を壊滅させる

ゴーストは進化途中のポケモンといえど、スーパーリーグにおいては強力なポジションに位置しています。

 

攻撃力が非常に高く、シャドーボールの威力が等倍相手であっても一撃で倒せてしまいます。

ゴーストタイプのわざはノーマルとあく以外は等倍というのも、強さを引き立てる要因の一つ。

シャドークロー自体の攻撃力も高く、シャドークローである程度削った状態でシャドーボールを当てるため、一撃で相手を倒せるようになっています。

ラグラージ以上に低耐久高火力のゴーストをうまく扱うためのポイントを、この記事で解説していきます。

 

シールドを最低1枚は確保してくり出す

低耐久のポケモンは、シールド前提で戦う立ち回り方が基本です。

ゴーストも同様で、シールドなしで戦うのはリスクがとても高くなります。

パーティーの残り2匹のポケモンに使うシールドは1枚まで。

ゴーストにはシールドを最低1枚は確保することを意識して立ち回るようにしてください。

シールドを残そうと意識しすぎて、結局使いきれないまま負けることもあるので、シールドを張る張らないのタイミングが難しい。

ゴーストにシールドを2枚も使わないと思ったら、相手の強力なスペシャルわざに1回使うのが効率的です。

 

 

 

 

技の型

シャドークロー/シャドーパンチ/シャドーボール

ほぼこの型のゴーストがスーパーリーグに登場する。

シャドーボールまでゲージが貯まってから、ブラフのシャドーパンチをくり出したり、素直にシャドーボールを撃ったり。

いかにシャドーボールを相手に通すかがポイントで、たくさん対戦を経験して相手がシールドを張るタイミングを見定める。

相手がエスパーやゴーストタイプならシャドークローだけでも大きくダメージを与えられるのが、ゴーストの強み。

シャドーパンチだけでも倒せそうなら、ムリしてシャドーボールを使う必要はない。

 

シャドークロー/シャドーパンチ/ヘドロばくだん

ヘドロばくだんにすることで、マリルリやくさタイプを1発で倒すことができるが、はがね相手に苦戦することになる。

シャドーパンチ連発ではゲージ量を多く求められるので、シールドを使い切っても相手を倒せないこともある。

かなり立ち回りが独特になってくるはず。

 

 

対策

※名前の横に書かれている数字は有利不利の比率です。

得意なポケモン

◎レジスチル 7:3

レジスチルが出たらゴーストを当てたいぐらい、圧倒的に有利な対面。ロックオンを2重耐性で受けられるので、ダメージがほぼ通らない。シャドーボールを当てて、シャドークローでゲージ貯めしつつ突破したい。ただし相手にシールドが2枚あって、対抗してくる場合は負けることも。こちらのシールドが0枚の時は勝てないので、必ずシールドは1枚確保する。

 

〇エアームド 5:5

チルタリスと似た対面だが、エアスラッシュはりゅうのいぶきほどは痛くない。シャドーボールが当たれば1発撃沈。

 

〇チャーレム 5:5

チャーレムもグロウパンチでブラフをしかけてきたり、れいとうパンチ連発でたたみかけてくる。ゴーストわざをばつぐんで与えられるので、シャドーパンチだけで倒したい。

 

〇ドクロッグ 5:5

カウンターを三重耐性で受けられるが、どろばくだんをばつぐんで食らうので、やられる前に倒す戦いになる。ドクロッグの耐久は低いのでシャドーパンチだけで十分。シャドークローでも削れる。

 

〇リザードン 5:5

ほのおのうずが痛いが、リザードンの耐久力の低さのおかげでこちらのシャドークローもかなりダメージを与えられる。ドラゴンクローを連発してくるので、その前に倒したい。

 

〇フシギバナ 5:5

ハードプラントは1発は耐えられるが、その後のつるのむちで押し切られるので、シールドは張る。シャドーボールが当たれば一撃必殺。

 

〇メガニウム 5:5

フシギバナと似た対面。ハードプラントを1発は耐えられるため、じしんを撃ってくることもある。状況次第で有利不利が変わるが、シャドーボールが当たれば勝ち確定。

 

〇シャドウウツボット 5:5

はっぱカッターを耐性受けできるが、それでも痛い。シャドウウツボットの耐久力は低いので、シャドーパンチで十分。連発して沈めたいが、逆に沈められることも。

 

〇ランターン 5:5

10まんボルトでやられる前にシャドーボールを決める。スパークとシャドークローのゲージを貯める量が同じで、10まんボルトとシャドーボールの必要なゲージ量も同じ。攻撃力の高いほうが先行でき、恐らくゴーストが先行する。

 

〇デンチュラ 5:5

デンチュラの耐久力は低いので、シャドークローで削りながらシャドーパンチで倒す。ボルトチェンジの動作は長いので、相手にわざをくり出される前に倒したい。

 

〇アローラライチュウ 6:4

低耐久+エスパータイプなので、シャドークローだけでもガンガン減らせられる。シャドーパンチ連発でやられる前に倒したい。でんきショック型だと押し負けるかも。

 

〇デオキシス 6:4

カウンターを三重受けできるので、デオキシス側はスペシャルわざで倒すしかなくなる。いわなだれ連発をシールドでしのぎつつ、シャドークローで削りながらシャドーパンチorボールで突破する。サイコブーストだと攻撃力が大幅に下がった後でも、ゴーストだと3発目でもやられるので、デオキシスのわざ構成に警戒。

 

 

苦手なポケモン(対策ポケモン)

△トリデプス 5:5

耐久力が最も高いトリデプス相手では、シャドーボールでも4割程度しか減らせられない。ノーマルわざのうちおとすでじわじわと減らされて押し負ける。

 

△メルメタル 5:5

いわなだれ連発が早いので、シャドーボールを決められずに負けがち。メルメタル自体の耐久力は高くないので、シャドーボールが決まれば一撃必殺。

 

△クチート 5:5

ほのおのキバで押し切られるので、シャドーパンチを2発撃つかシャドーボールを1発撃てる程度。クチートのグロウパンチは、ゴーストといえどダメージは極小なのでシールドはいらない。

 

△ジラーチ 5:5

こちらのゴーストわざをばつぐんで与えられるが、ジラーチのねんりきもばつぐんで食らってしまうため、状況次第で有利不利が変わる。シャドークロー、シャドーパンチで押し切りたい。

 

△マリルリ 5:5

あわだけで死にかける。シャドーボールが決まれば勝てるが、ブラフ次第なので勝ったり負けたり。交代でゴーストを出す際に、マリルリがれいとうビームを2連発使える状態になってないか警戒。

 

△ピクシー 5:5

あまえるだけでゴリゴリ減らされる。シャドーボールが1回撃てる程度なので、相手にシールドがある状態ではまず勝てない。

 

×プクリン 3:7

ノーマルタイプも持つプクリンはゴースト対策に使われる。ノーマルによる2重耐性でシャドーボールでもほとんど減らない。対面は避けたい。

 

△シャドウサーナイト 5:5

シャドークローをばつぐんで与えられるが、相手のシャドウあまえるもダメージ量が大きいので互角の戦い。同士討ちになることも。シャドーパンチでも確実にシールドを張られる。

 

△チルタリス 5:5

りゅうのいぶきに耐えながら、シャドーボールを決めたい。当たれば大きいが、外すと突破される。シャドーパンチとシャドーボールそれぞれ1発撃てる程度なので、ブラフの結果次第。

 

×ヤルキモノ 3:7

プクリンに続くゴースト対策。ヤルキモノのカウンター、のしかかりは耐性受けできるが、じならしで葬られる。シャドーボールが全く減らない。

 

△ラグラージ 4:6

マッドショットの貯まりのほうが早いため、ハイドロカノンで葬られる。後続でラグラージをくり出してきて相手にシールドがなければ、シャドーボール1発で沈められる。

 

△ナマズン 4:6

ラグラージと似た対面。どろばくだん連発に押し切られてやられる。なるべく対面したくない。

 

△ダーテング 4:6

低威力のバークアウトでもじわじわ削られる。イカサマが当たれば即死だが、リーフブレードでも致命傷。ダーテングも耐久力が低いので、耐性ありとはいえシャドーボールで7割近く削れる。状況次第では勝機もある。

 

△トロピウス 5:5

はっぱカッター型、エアスラッシュ型どちらでも勝てたり勝てなかったり。トロピウスは耐久力が高いので、シャドークロー+シャドーパンチでは押し切れない。なんとかシャドーボールを決めたい。

 

△スリーパー 4:6

ねんりきだけで倒しにくるので、スペシャルわざを撃たれることはめったにない。スリーパーが後続で来たなら、ねんりきで消される前にシャドーボール1発で倒せる。が、間に合わないならシャドーパンチで妥協する。

 

△マッギョ 4:6

ラグラージ、ナマズンと似た対面。どろばくだん連発で葬られる。マッギョは耐久力も高いため、シャドーボール一発では沈められない。マリルリ、レジスチル対策として使われ、ゴーストにも有利に戦えるのが驚異的。

 

×ブラッキー 2:8

絶望的な対面。バークアウトで十分にゲージ貯めされてから、イカサマで葬られる。シャドーボール1発で3割減らせられるのがせめてもの救いか。

 

×ヤミラミ 3:7

こちらの攻撃は等倍になるが、ヤミラミ側のシャドークローをばつぐんで食らってしまうので、ジリ貧で負ける。ヤミラミの耐久力は低いが、間違いなくシールドを張られるので勝ち目はない。

 

△アローラガラガラ 5:5

ほのおのうずは等倍で食らうが、こちらのシャドークローはばつぐんで与えられる。ブラフ用のホネこんぼうでも致命傷になるので、アローラガラガラ側がやや有利か。後続で来たなら勝機はあるが、初手では対面したくない。

 

△ゴースト 5:5

シャドークローでの削り合い。シャドーパンチを撃ったほうが、1ターン分多くシャドークローを食らってしまうため、スペシャルわざを出したほうが負ける。対策としてはシャドーパンチを撃って、即交代すれば逃れることはできる。ゴースト同士の対面は割とよくあり、ギリギリの駆け引きが怖い。

 

 

おすすめパーティー

マリルリ/ゴースト/レジスチル

スーパーリーグ代表のマリルリ、レジスチルと組ませたパーティー。

マリルリもレジスチルも耐久力が高いので、シールドを張らなくても十分戦える。

相手にシールドを1~2枚使わせた状態でゴーストをくり出すことで、一気に勝つことができる。

 

ゴースト/レジスチル/チルタリス

初手にゴーストを出すことで、相手にシールドを1~2枚使わせる構築。

ブラフで運が良ければシャドーボールを1発通すこともできる。

相手のシールドがなくなった後半にレジスチルをくり出すことで、ラスターカノンやきあいだまを確実に当てることができる。

レジスチル対策ポケモン用にチルタリスを採用。

 

トリデプス/ゴースト/メガニウム

耐久力が非常に高いトリデプスにはシールドを張らず、ゴーストとメガニウムにシールドを使う組み合わせ。

初手で出し負けしなければ、かなり安定した勝ちを見込める。

マリルリ/ゴースト/レジスチルと似たパーティー。