2020/05/15

[ポケモンGO]メガニウム・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。幅広く対応できるくさタイプ

 

解説

メガニウムはわざ構成のおかげで幅広く対応できる

メガニウムはスペシャルわざにじしんを持つため、はがねタイプやアローラガラガラにも勝機を見出すことができます。

苦手なタイプがチルタリス、エアームドのようなひこうに限定されるので、一方的に負かされる状況が少ないことが魅力です。

そんなメガニウムをうまく使うためのアドバイスをこの記事で解説していきます。

 

じしんを撃つために後続で使いたい

相手にシールドを1枚は使わせた状況で、メガニウムをくり出すことでレジスチル相手にも十分戦うことができます。

じしんと見せかけたブラフのハードプラントをくり出すのも、メガニウムに求められる立ち回り方。

初手でメガニウムを出すのもアリですが、シールドが2枚あるため、じしんを撃ちにくくなるデメリットがあります。

相手に後続を悟られにくいパーティーの組み合わせにすることで、メガニウムを最大限活かせることが可能ではないでしょうか。

メガニウムをくり出すなら、中堅か最後がおススメです。

 

 

 

 

技の型

つるのむち/ハードプラント/じしん

ほぼこちらの型が採用される。大負けしにくい型。

ハードプラント、じしんを相手によって使い分けられ、ブラフもできる。

 

はっぱカッター/ハードプラント/じしん

はっぱカッター型だとみずタイプにはひたすら強くなるが、それ以外の相手だと苦戦することになる。

みずタイプが多く繰りだされるならアリかもしれない。

 

 

対策

※名前の横に書かれている数字は有利不利の比率です。

得意なポケモン

〇トリデプス 5:5

ハードプラントは等倍、じしんは2重弱点で与えられ、くり出す速度もメガニウムのほうが早いので有利。トリデプスのかえんほうしゃを警戒するぐらいだが、HPに余裕があるなら1回は受ける。

 

〇メルメタル 5:5

はがねタイプといってもメルメタル自体の耐久力が高くないので、ハードプラントでもかなりのダメージを与えられる。じしんまで貯めてから、ハードプラントを撃ったほうが相手にプレッシャーを与えられる。

 

〇マリルリ 6:4

みずvsくさの対面なので、メガニウムが有利。マリルリのれいとうビームも1回は耐えられるので、受けてもいい。じゃれつく型でれいとうビームがない場合もあるので、1回目は受けたほうが効率的。2回目はシールドを使ってバリアしつつ、つるのむちでゲージ貯めしたい。

 

〇ピクシー 5:5

お互い等倍での攻撃になる。ハードプラント連発で相手がシールドを使って突破してくるか、シールドを使わずに後続に持ちこむかは、相手の判断次第。あまえるだけでメガニウムを倒すのはやや厳しい。

 

〇プクリン 5:5

ピクシーと違い、プクリンにはれいとうビームがあるので注意。それ以外はピクシーと同じ。

 

〇ドクロッグ 5:5

ヘドロばくだんが怖いが、相手もじしんが怖い。ハードプラント2発で沈められるので、じしんまでゲージ貯めしてからハードプラント連発でもいいかもしれない。ブラフのどろばくだんに注意したい。

 

◎ラグラージ 7:3

ハードプラントが1発食らえば倒せる。ゲージ貯めにも利用したいが、ヘドロウェーブがあるので油断大敵。シールドがない状況だと逆転負けされるので、ハードプラントが使える状態にしておくか、シールドを1枚確保しておきたい。

 

◎ナマズン 7:3

ラグラージと似た対面。ふぶきを食らうと致命傷になるので、シールドを1枚確保するか、ハードプラントを即撃てるようにしておきたい。

 

〇アローラライチュウ 6:4

かみなりパンチもくさむすびも耐性受けでき、こちらのハードプラントを等倍で与えられる。アローラライチュウの耐久力は低いため、じしんを使わずにハードプラント2回で十分。ゲージ貯めに利用したい。

 

◎ランターン 7:3

10まんボルトもハイドロポンプも耐性受けできる。ハードプラントを撃ちつつ、ゲージ貯めにも利用したい。

 

◎マッギョ 7:3

どろばくだん、ほうでん全て耐性受けでき、ハードプラントをばつぐんで与えられる。マッギョも耐久力は高いので、メガニウムで処理できるのが理想的。

 

〇デンチュラ 5:5

ボルトチェンジ、ほうでんを耐性受けできるのが大きいが、むしのさざめき、クロスポイズンに警戒したい。デンチュラの耐久力は低いので、ハードプラントでもそれなりに削れる。じしんが決まれば沈められるので、シールドがあるならじしんまで貯めてハードプラントを連発か。

 

〇ヤミラミ 5:5

お互い等倍になり、ヤミラミは耐久力が低いので、ハードプラント1発で致命傷になる。ゲージ貯めに利用できそうなら、つるのむちで押し切りたい。

 

〇スリーパー 5:5

スリーパーのわざの型次第。対マリルリ用にかみなりパンチ型が多いが、れいとうパンチもほのおのパンチもメガニウムはばつぐんで食らうので、運要素が強い。スリーパーがシャドーボールを撃ってきたら、かみなりパンチ型と考えられる。

 

 

苦手なポケモン(対策ポケモン)

△レジスチル 5:5

くり出したタイミングで有利不利が変わる。初手のバリアがある状態なら、ラスターカノン2発で負ける。中堅、最後ならバリアも0~1枚なので、勝利できる可能性あり。ブラフのハードプラントを撃ちつつ、じしんで決める。じしんが当たればあとはハードプラントで倒せる。

 

△クチート 4:6

ほのおのキバ型がほとんどなので、ノーマルわざで押し切られる。グロウパンチでさらに加速するので、早めに交代したい。

 

△ジラーチ 4:6

ハードプラントが耐性受けされ、ジラーチのねんりきとはめつのねがいを等倍で食らうため、かなり不利。ジラーチ自体の耐久が低いので、じしんが決まれば倒せる。

 

△シャドウサーナイト 5:5

ほぼ確実にシールドを張って突破してくる。つるのむちだけではダメージも微々たるものなので、シールドを多く持った状態で後続に任せる。〆のシャドーボールに注意。

 

×チルタリス 3:7

圧倒的に不利。ハードプラントもじしんも2重耐性になり、ゴッドバードを弱点で食らってしまう。最も対面したくない相手。初手、中堅どのタイミングでもチルタリスはいるので、うまくメガニウムと対面しないように立ち回りたい。

 

×エアームド 3:7

チルタリスとほぼ同じ対面。むしろエアスラッシュがあるので、さらに不利かもしれない。ハードプラントを2重耐性で受けられるからと、じしんを撃っても大して減ることはない。

 

△チャーレム 5:5

かなり微妙な対面。れいとうパンチを弱点で食らう反面、ハードプラントを大ダメージで与えられる。チャーレムの耐久力は高くないので、シールドの枚数次第で勝敗が決まる。

 

△ヤルキモノ 5:5

微妙な対面。お互いに等倍での攻撃になり、ヤルキモノの耐久力は低くはないので、ハードプラント2回は撃たないといけない。のしかかりを連発されるが、シールドを張るべきか判断に迷う。

 

×リザードン 3:7

くさvsほのおの完全に不利な対面。リザードンはひこうタイプも持つため、じしんも効かない。早々に交代したい。リザードンの耐久力は高くないので、パーティー内の別のポケモンに対処させたい。

 

△フシギバナ 4:6

同じくさタイプだが、フシギバナのヘドロばくだんをばつぐんで食らってしまい、こちらのハードプラントを2重耐性で受けられてしまう。じしんなら等倍になるので、終盤のギリギリの対面の時はなんとか当てたい。

 

△メガニウム 5:5

お互い耐性受けで戦うジリ貧バトル。じしんも耐性を持つので、ハードプラントを連発する戦いになる。

 

△シャドウウツボット 5:5

ウツボットのはっぱカッター、リーフブレードを耐性受けできるが、それでもかなり痛い。こちらのハードプラントを2重耐性で受けられるので、じしんを撃ちたい。相手にシールドがある状態なら押し負ける可能性が高い。

 

△ダーテング 4:6

こちらのわざ全て耐性受けされるのに対し、ダーテングのイカサマは等倍で食らってしまうので、勝つのは厳しい。ゲージ貯めにも利用されるので、早めに交代したい。

 

×トロピウス 3:7

エアスラッシュ+つばめがえしをばつぐんで食らうので、早めに交代したい。ハードプラントもじしんも2重耐性なため、どうにもできない。相手がはっぱカッター型なら多少はマシになる。

 

△ブラッキー 5:5

お互い等倍での攻撃になるが、ブラッキーの耐久力の高さで押し負ける。パーティーにブラッキーが苦手なポケモンがいるなら、メガニウムで削れるだけ削っておきたい。

 

△デオキシス 5:5

かなり微妙な対面。お互い等倍の攻撃で、デオキシスは耐久力が高い半面、攻撃力はそこまで高くない。いわなだれを連発してくるが、後続次第でメガニウムに突破するか決める。不意にサイコブーストを撃ってくることもある。

 

△アローラガラガラ 5:5

ノーマルわざのほのおのうずをばつぐんで食らってしまうため、じわじわと削られていく。なんとかじしんまで貯められたら形勢逆転できるが、序盤で対面したらシールドもあるので、かなり厳しい。終盤のシールドのない状況なら期待できる。

 

△ゴースト 4:6

耐久力がとても低いゴーストといえど、ハードプラントを1発耐えられてしまう。じしんまで貯める前にシャドーボールで葬られてしまうので、ゴーストに対面する前にゲージを貯められるだけ貯めたい。

 

 

おすすめパーティー

チルタリス/マリルリ/メガニウム

互いの苦手なタイプを補完した型。

3体いずれも耐久力があるので、大負けしにくい。チルタリスの苦手なはがね、フェアリーが出たら、マリルリかメガニウムに交代する。

 

メガニウム/マリルリ/レジスチル

初手にみずタイプが多い時に有効。

初手ではがねやひこうタイプが出てくるとキツいので、かなり思い切った型。

負けが続くようであれば、順番を並び替えて工夫したい。

 

エアームド/ダーテング/メガニウム

くさ2体で立ち回る型。初手でレジスチルやマリルリが出た時はダーテングに交代し、終盤にメガニウムを出す。

くさ2体という相手には予想されにくい型なので、意表を突いての勝利が期待できる。