2020/05/15

[ポケモンGO]メタグロス・マスターリーグ用の技と対策ポケモン。はがねの堅さと高火力のコメットパンチ

 

解説

ディアルガを苦戦させるはがねのメタグロス

ジムレイドでも活躍するメタグロスは、バトルリーグにおいても選出されるポケモンの1つ。

特に活躍する場はマスターリーグで、強力なディアルガに勝てるほどの性能を持ちます。

コメットパンチはレガシーわざではあるものの、伝説ポケモンではないため比較的入手しやすいのも魅力。

ディアルガにウンザリしている人には、メタグロスを使ってみてください。

 

じしんを使うために中堅か最後に出す

初手でメタグロスを出すと、相手がディアルガやはがねだった場合にじしんを活かすことができなくなります。

相手がシールドを2枚張ってでも、スペシャルわざを防いでくる可能性が出てくるからです。

そうなるとディアルガ相手でも押し負けてしまいます。

じしんが使えるまでの時間は長いため、相手にシールドを1~2枚使わせた状態でメタグロスを出したほうが効果的です。

 

 

 

 

技の型

バレットパンチ/コメットパンチ/じしん

ねんりきに有効なポケモンはマスターリーグにまずいないため、メタグロスのわざ構成はこれのみ。

コメットパンチで等倍相手と戦い、じしんでディアルガやはがねを沈める戦法。

バレットパンチのゲージ貯めはそんなに早くないので、高い耐久力を活かして、焦らず貯めるようにする。

 

 

対策

得意なポケモン

◎トゲキッス

まず負けない相手。かえんほうしゃのみ警戒し、コメットパンチで沈める。ゲージ貯めに利用できそうならバレットパンチで倒す

 

〇ディアルガ

かみなり以外のすべてのわざを耐性で受けられるのに対し、こちらはじしんを使って突破できる。相手にシールドが2枚残っていると押し負けることだけ注意。

 

〇メルメタル

ばかぢからを等倍で受けられるため、2回は耐える。ばかぢからを相手が打ってきた後にコメットパンチやじしんを使う。じしんが決まれば1発で倒せるので、ややメタグロスが有利。大体はばかぢからを2回打たれて逃げられる。

 

〇カイリキー

基礎性能の差で勝てる。お互い等倍での攻撃になるが、メタグロスの耐久力と攻撃力の高さで押し切れる。ゲージ貯めできそうなら利用する。

 

苦手なポケモン(対策ポケモン)

×ギラティナ

メタグロスはゴーストが弱点なので、シャドークローだけでも痛い。コメットパンチ1回撃てる程度の対抗しかできない。ギラティナと対面することだけは避けたい。

 

×ガブリアス

じめんタイプも苦手なため、ガブリアスとは不利に。じしん型が怖いが、すなじごく型ならまだ多少の対抗はできる。コメットパンチを等倍で与えられるので、大負けはしない。

 

×カイオーガ

コメットパンチを耐性で受けられるのに対し、カイオーガのたきのぼりとなみのりを等倍で受けてしまう。じしんを1発撃ってわるあがきするしかない。

 

△メタグロス

メタグロス同士だと時間のかかる戦いになる。じしんと見せかけたコメットパンチのブラフが繰り広げられる。

 

△ヒードラン

ヒードランのほのおわざが弱点なため、メタグロス側が不利。相手のシールドの残り枚数によるが、じしんが当たれば逆転勝利。かなり苦しい戦いになる。

 

△カビゴン

したでなめるが弱点なため、ゲージ貯めに利用されやすい。じしん型なら厳しいが、ばかぢから型なら対等の戦いになる。ブラフののしかかりをどう読むかがカギ

 

 

おすすめパーティー

ディアルガ、カビゴン、メタグロス

ディアルガを含めたパーティー。

苦手なギラティナをカビゴンが対処し、ディアルガとカビゴンが苦手なポケモンをメタグロスが相手する流れ。お互いの弱点を補完し合う組み合わせ。

相手にガブリアスがいるとやや厳しいかもしれない。

 

ガブリアス、トゲキッス、メタグロス

伝説なしパーティー。ディアルガやギラティナなどの伝説ポケモンが用意できない時に。

トゲキッスでドラゴンを対処し、ガブリアスではがねを倒し、メタグロスは状況を見てくり出す。

ガチガチの伝説パーティー相手だと、総合的な力不足で押し負けることも。カイオーガを出されるとかなりキツイ。