2020/05/15

[ポケモンGO]エアームド・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。はがね+ひこうという手堅い複合タイプ

 

解説

くさ、かくとう、フェアリーをエアームドで狩る

スーパーリーグでよく登場するポケモンの1つ、エアームド。

レジスチル対策に使われるかくとう、マリルリ対策に使われるくさタイプに強いのがエアームドの利点。

チルタリスと同じひこう枠として選出され、ナマズンやマッギョのようなみずタイプと組み合わせていることが多いです。

そんなエアームドをうまく使いこなすためのポイントを、この記事で解説していきます。

 

耐性の多さがチルタリスとは違う強さを引き立てる

エアームドは、はがね/ひこうの複合タイプで、はがね特有の耐性の多さが最大の長所です。

チルタリスが苦手とするフェアリータイプにも強いので、あまえるで押してくるピクシーやサーナイトにも有利に戦うことができます。

ヤミラミのようにフェアリーが苦手なタイプとエアームドを組み合わせるのも、一つの選択。

パーティー構成で、ほのおやでんきタイプが重い場合はチルタリス、フェアリーが重いならエアームド、というように選択してください。

 

 

 

 

技の型

エアスラッシュ/ゴッドバード/ラスターカノン

この型のみがエアームドのわざ構成。エアスラッシュで相手を削りながら、ゴッドバードで追い込む流れ。

ゴッドバードは2ゲージわざなので、ゲージ貯めできそうならエアスラッシュだけで相手を倒していく。

ラスターカノンはトリデプスやクチートのように、はがね技が等倍になる相手に使用する。使用する機会は少ない。

 

 

対策

※名前の横に書かれている数字は有利不利の比率です。

得意なポケモン

〇ピクシー 6:4

あまえるやスペシャルわざすべてを耐性受けできるので、エアームドが有利。ゲージもある程度貯めてから突破したい。

 

〇プクリン 6:4

ピクシーとほぼ同じだが、れいとうビームだけ等倍で食らってしまうので、エアームドのHPを見てシールドを使うか判断する。

 

〇シャドウサーナイト 6:4

あまえるを耐性受けしながら、耐久力の低いサーナイトをエアスラッシュだけで削り切れる。相手が交代してきたら、エアームドを対サーナイト用にキープするためにこちらも別のポケモンに交代する。

 

〇チルタリス 6:4

はがねによる耐性の差でエアームドが有利。チルタリスの攻撃をすべて耐性受けできる。お互い上空で戦う空中バトル。

 

〇チャーレム 6:4

ひこうわざをばつぐんで与えられるので、エアームドが有利。カウンターが等倍になってしまうのが痛いが、さっさと倒してしまう。
うっかりばくれつパンチでやられないように注意。
 

◎ドクロッグ 7:3

どろばくだんもヘドロばくだんも耐性受けでき、エアスラッシュとゴッドバードをばつぐんで与えられる。ゲージ貯めに利用して突破する。

 

◎ヤルキモノ 7:3

のしかかり、じならしを耐性受けでき、こちらの攻撃は等倍で与えられるので有利。レジスチルやゴースト対策にヤルキモノを出してきたら、エアームドで処理したい。

 

〇ナマズン 6:4

マッドショット、どろばくだんを2重耐性で受けられる。ふぶきにだけ気をつけて倒していく。

 

◎フシギバナ 7:3

すべての攻撃を耐性受けできる。ゲージ貯めに十分利用したら、ゴッドバードで突破していく。

 

◎メガニウム 7:3

フシギバナと同じ対面。エアームドははがねなのに、じしんに怖くないのが嬉しい。ゲージ貯めに利用して突破。

 

◎シャドウウツボット 7:3

エアスラッシュだけでサクサク削れる。アシッドボムにだけ警戒して、突破していく。

 

〇ダーテング 6:4

こちらの攻撃をばつぐんで与えられるが、イカサマが痛いので油断はできない。ダーテングが重いパーティーならエアームドで対応したい。

 

◎トロピウス 7:3

同じひこうタイプでも、くさとはがねの差でエアームドが勝つ。はっぱカッター、エアスラッシュどちらの型でも問題なし

 

 

苦手なポケモン(対策ポケモン)

×レジスチル 3:7

こちらの攻撃を耐性で受けられ、きあいだまが等倍になってしまうので勝機なし。なるべく対面したくないが、交代先で対面してしまったら削れるだけ削る。

 

×トリデプス 3:7

うちおとすが等倍、かえんほうしゃがばつぐんとなってしまうので不利。エアームドのラスターカノンだけは等倍になるので、多少の抵抗はできる。

 

×メルメタル 3:7

いわなだれ連発で負ける。ばかぢからも等倍になるので、相手が2連発ばかぢからで決めてくることも。メルメタルの耐久力は低いので、削れるだけ削って後続に任せる。

 

×クチート 3:7

ほのおのキバがばつぐんとなり、ゴリゴリ減らされる。ラスターカノンが等倍になるので、1発撃って少しでも減らしたい。

 

△ジラーチ 5:5

お互いの攻撃がすべていまひとつになるので、基礎ステータスの高いほうが勝つ。はめつのねがいの回転の早さで、ジラーチ側がやや有利か。

 

△マリルリ 5:5

ハイドロポンプを1回シールドで受けられたら押し勝てる。れいとうビームが等倍になるので、とどめに撃たれて負けないように注意。

 

△エアームド 5:5

お互い耐性で攻撃し合う戦いに。ゴッドバード、ラスターカノンどちらを使っても大した差はない。

 

×リザードン 3:7

ほのおに弱いので、ジリ貧で負ける。ブラストバーンをシールドで防いでも、ほのおのうずでじわじわと減らされるので終盤でなければエアームドを切ったほうが賢明。

 

△ラグラージ 5:5

ハイドロカノンを等倍で食らってしまうので、スペシャルわざの回転の差でやや不利。対ラグラージはチルタリスのほうが有利。

 

×アローラライチュウ 3:7

エアームドはでんきタイプが弱点なので、あっという間にやられる。ゴッドバードもラスターカノンも耐性受けされるのでどうしようもない。

 

×ランターン 3:7

10まんボルトで突破される。こちらのわざ全て耐性受けされるので、対面したくない相手。

 

×マッギョ 3:7

ほうでん連発で負ける。でんきショック型マッギョも多いので、ノーマルアタックでも地味に減らされる。

 

△デンチュラ 4:6

ひこう技が等倍になるので、でんきタイプの中では多少戦える。デンチュラの耐久力の低さのおかげで、ある程度は抵抗できる。

 

△ブラッキー 5:5

お互い等倍での攻撃になるが、耐久力の差でエアームドが負ける。途中で交代受けを狙うか、エアームドを切るかの判断に迫られる。

 

△ヤミラミ 5:5

微妙な対面。お互い等倍での攻撃になるが、勝ったり負けたり。後続のパーティーでヤミラミが重いならエアームドで対応する。

 

×デオキシス 4:6

10まんボルトで突破されるが、サイコブースト型のデオキシスならまだ可能性はある。あまり受けたくはないが、デオキシスの攻撃を1度受けて確認する。

 

△スリーパー 4:6

スリーパーの型によるがほのおのパンチ、かみなりパンチどちらもばつぐんで食らってしまうため、高確率でエアームドが負ける。運良くれいとうパンチ型なら接戦になる。

 

△アローラガラガラ 4:6

ほのおのうずをばつぐんで食らうので、ジリ貧で負ける。シャドーボールでとどめを刺されるが、ホネこんぼうでブラフをかましてくる可能性も高いので、シールドを張りにくい。

 

△ゴースト 5:5

シャドーボールの読み合いに負けたら突破される。シールドを2枚使うならエアームドが勝てる。エアスラッシュでコツコツ減らしながら、ゴッドバードで相手のシールドを減らしていく。

 

 

おすすめパーティー

ラグラージ/エアームド/メガニウム

ラグラージを先方に出し、苦手なくさが出てきたらエアームドに交代する構成。

マリルリやレジスチル対策にメガニウムを選択。

初手がラグラージの得意な相手なら、交代されてもエアームド、メガニウムでうまく追える可能性が高い。

 

ヤミラミ/レジスチル/エアームド

初手ヤミラミを軸にシールドを確保しつつ、レジスチルやエアームドで対応していく構成。

マリルリやブラッキーのようなヤミラミが苦手な相手にはレジスチルに交代。

かくとうタイプやナマズンで追ってきた場合は、エアームドで対処。

はがね2体の構成なので、マッギョやアローラライチュウなどのでんきタイプが重い。

 

エアームド/チャーレム/チルタリス

ひこう2体という意外性で勝ちに行く構成。

レジスチル対策にチャーレムを間に挟むことで、大負けを防ぐ。

くさタイプが多い状況の中でくり出せば、勝ちやすい。