ソニックフロンティア ストーリーのネタバレ

セージの目的はTHE END復活の阻止

ドクターことエッグマンを死なせないことがセージの最大の目的。そのためにはTHE ENDの復活を阻止しなければならなかった。

エッグマンは古代人の技術を手に入れようとスターフォール諸島を訪れていた

しかし島を調査している間にTHE ENDが復活すると、エッグマンが死んでしまうかもしれない。だからセージは巨神を操り、ソニックを始末しようとしていた。

ソニックが巨神を次々と倒し前に突き進む姿を見たセージは、やがてウラノス島でソニックに運命を託す選択をする。

ソニックがSUPREMEを倒すとTHE ENDの半身が解かれて復活。セージはソニックとともにTHE ENDを倒すために宇宙に飛び立つ。

決死の攻防で瀕死になったTHE ENDは、巨大レーザーをスターフォール諸島に撃とうとする。エッグマンを死なせないため、セージはレーザーを撃たれる前にTHE ENDに特攻してともに消滅する。

おそらくセージは古代人の遺した情報を電脳空間で調べていくうちにTHE ENDの存在を知り、これから起こるであろう結末を予測(事象演算)して巨神をソニックに襲わせた。

SUPREMEのみセージが操っていたのではなく、封印されていたTHE ENDの半身が動かしていたと思われる。

ソニックはTHE ENDに利用されていた

物語の序盤、ソニックがクロノス島で目覚めると空から声が聞こえる。この声の正体はTHE ENDで、自身の体組織や半身(精神の半分)の封印を解くためにソニックを導く。

体組織と半身は巨神の中に封印されており、ソニックがカオス島までの巨神を倒すと体組織が戻る。最後にSUPREMEが倒されると半身を取り戻して完全に復活。

THE ENDは宇宙の秩序を司る存在として、スターフォール諸島を破壊しようとする。

THE ENDに利用されていることを知らないソニックは、セージに幾度となく島の探索を妨害され、排除されそうになる。

ココは古代人の魂が宿った入れ物

古代人はTHE ENDによって滅ぼされ、そのときの無念が元となってココという入れ物に魂が宿る。

物語を進めてエミー、ナックルズ、テイルスと一緒にココの願いを解決すると、古代人の魂が天に還っていき、ココは抜け殻になる。

長老ココもココたちを守ってあげられなかったという無念を抱いている。

スターフォール諸島は元々、THE ENDによって故郷の惑星を破壊された古代人が移り住んだ場所だった。

しかし追ってきたTHE ENDによって古代人は滅ぼされ、物語冒頭のソニックが目覚めたときは、無念を抱いたココたちと遺された電脳空間、守護神や神兵が徘徊する世界と化してしまった。

セージはエッグマンによって造られた人工知能

ソニックはセージを島の住人と思っていたが、実際はエッグマンに造られた人工知能。

エッグマンはスターフォール諸島に遺された技術を得るために人工知能を造り、「セージ」というコードネームをつける。

セージを古代のネットワークに送り込んで情報解析をしたり、電脳空間にエッグマンが囚われたときはセージによって守られる。

セージは最高傑作とエッグマンは評しており、おそらくオーボットとキューボット同様、個性がプログラムされている。