2020/05/15

[ポケモンGO]ブラッキー・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。大負けしない安定感が最大の魅力

 

解説

ブラッキーは安定した勝利をもたらす

ブラッキーは圧倒的な耐久力を持ち、ラグラージやナマズンのような高火力でスペシャルわざを連発する相手にも勝てます。

かくとうやフェアリーのような苦手な相手でも、とっておきというノーマルわざがあることで、一方的にやられることがないのも強みの一つ。

そんな安定性の高いブラッキーを最大限活用するための方法を、この記事で解説していきます。

 

圧倒的な耐久力で等倍バトルではほぼ勝てる

レジスチルのきあいだまでない限り、ブラッキーが大ダメージを受けることはほとんどありません。

マリルリやレジスチル対策に使われるマッギョ、デンチュラ、ランターンのようなポケモンに、ブラッキーを当てるのがおススメ。

ゴーストやエスパーにも強いため、幅広く対応できるのがブラッキーの最大の魅力でしょう。

とっておきの有無でブラッキーの価値が大きく変わるため、レガシーわざといえど、ブラッキーにすごいわざマシンを使う価値はあります。

すごい技マシン・スペシャルにおすすめなポケモンをランク順で掲載。誰に使うべき?

等倍バトルで勝てないのはトリデプスのみ。

ブラッキーが苦手なかくとう、フェアリーを補う形でパーティーを組むのがおススメです。

 

 

 

 

技の型

バークアウト/イカサマ/とっておき

ほぼこちらの型が採用される。貯まりの早いバークアウトでイカサマを連発し、あくタイプに耐性のあるかくとう、あく、フェアリーにはとっておきを当てる。

 

バークアウト/あくのはどう/とっておき

あくのはどう型にすることで、イカサマよりも少しだけダメージを与えられる。その分、ゲージ量も少しだけ多く必要になるので、大きな変化を感じることはあまりない。

スペシャルわざを連発したい場面が多いので、イカサマのほうが無難。あくのはどうにすることで、ブラッキー同士の戦いの時に有利になる?

 

 

対策

※名前の横に書かれている数字は有利不利の比率です。

得意なポケモン

〇ジラーチ 6:4

ジラーチはエスパータイプなため、バークアウトとイカサマをばつぐんで与えられる。ねんりきを耐性受けできるのも大きい。マジカルシャインにだけ警戒したいが、相手はすぐに交代する。

 

〇チルタリス 5:5

ブラッキーの高耐久のおかげでギリギリ勝てる。相手がシールドを張ってきたら、こちらも対抗して張れば問題ない。マジカルシャイン持ちの場合があるので、油断は禁物。

 

〇エアームド 5:5

チルタリス同様にブラッキーが勝てる対面。相手はスペシャルわざが貯まったタイミングで交代してくることがあるので、それに合わせてこちらも交代していく。終盤の削り合いの時にラスターカノンを撃ってくることがある。

 

〇リザードン 5:5

耐久力の差でブラッキーが勝つ。ブラストバーンを撃ってくるが、その前にイカサマを連発すれば問題ない。相手が交代してきたら、ブラッキーがイカサマを使える状態にして、こちらも交代していきたい。

 

〇ラグラージ 5:5

耐久力の差でブラッキーが勝つ。高威力+連発可能なハイドロカノンでさえもブラッキーの高耐久+イカサマ連発に敗れる。ヘドロウェーブも問題なく受けられるので、くさタイプ以上にラグラージ対策に有効。

 

〇ナマズン 5:5

どろばくだんを連発されるが、こちらもイカサマ連発することで勝てる。自分のパーティーにレジスチルがいる時は、ナマズンをブラッキーと対峙できるように持ち込みたい。ブラッキーはくさタイプではないので、ふぶきも怖くない。

 

〇フシギバナ 5:5

耐久力の差でブラッキーが勝つ。ブラッキーに与えるハードプラントと、フシギバナに与えるイカサマのダメージ量が同じぐらい。相手がシールドを張ってきたら、こちらも張って対抗する。

 

〇メガニウム 5:5

フシギバナと同じ。自分のパーティーにマリルリやレジスチルがいる場合は、メガニウムをブラッキーと対峙させたい。

 

〇ウツボット 5:5

はっぱカッターが痛いが、ウツボットの耐久力は低いのでイカサマ2~3発で沈められる。アシッドボムやグラスミキサーでステータス下げを狙われるので、食らってから交代したい。

 

〇トロピウス 5:5

トロピウスも耐久力が高いため、スペシャルわざ連発の戦いになる。はっぱカッター、エアスラッシュどちらの型でも似たような戦いになる。

 

◎アローラライチュウ 7:3

ライチュウがエスパータイプかつ耐久力が低いので、圧倒的に有利。レジスチルやマリルリがライチュウと対面しないよう、ブラッキーと戦わせたい。

 

〇ランターン 5:5

ブラッキーの耐久力+イカサマ連発で押し勝てる。ハイドロポンプもさほど怖くない。ゲージ貯めに利用できそうなら、バークアウトを数回多めに撃っておく。

 

〇マッギョ 5:5

マッギョも耐久力が高く、どろばくだんやほうでんを連発するが、ブラッキーに軍配が上がる。HPがわずかな状況で相手が交代してくることがあるので、そこを警戒。

 

〇デンチュラ 5:5

デンチュラは耐久力が低いので、イカサマ1発で4割近く食らう。むしのさざめきが怖いので、シールドはなるべく張りたい。ブラフでほうでんを撃たれることもあるが、確実に勝ちたいならシールドは惜しまない。

 

〇ヤミラミ 6:4

ヤミラミのシャドークロー、イカサマ、かげうちを耐性受けできるのに対し、こちらの攻撃は等倍で与えられる。ヤミラミは耐久力が低いので早い段階で倒せる。ヤミラミが引かなければ、ゲージ貯めに利用する。

 

〇デオキシス 5:5

カウンターが痛いが、デオキシスはエスパータイプなので有利に戦える。いわなだれは大して食らわないのでシールドを保持しつつ、イカサマを連発していく。

 

〇スリーパー 6:4

イカサマをばつぐんで与えられるので、有利に戦える。ねんりきを耐性受けでき、きあいだま以外の攻撃は大して食らわない。万が一きあいだま持ちで食らったとしても、焦らずに対処していく。

 

◎アローラガラガラ 7:3

イカサマをばつぐんで与えられ、相手の本命技であるシャドーボールを耐性受けできるので圧倒的に有利。シールドをまったく張る必要はなく、ゲージ貯めに利用しつつ突破したい。

 

◎ゴースト 7:3

シャドークロー、シャドーパンチ、シャドーボールすべて耐性受けでき、イカサマ1発で沈められるのでまず負けない。ゴーストの天敵ともいえる。バークアウトだけでも削れるので、ゲージ貯めに利用する。ブラッキーといえどシャドーボールで3割ほど減らされるのは、ゴーストがいかに高火力なのかがわかる。

 

苦手なポケモン(対策ポケモン)

×レジスチル 4:6

レジスチルはきあいだまを持つため、ブラッキーが不利。きあいだまが当たれば6割近く持っていかれる。シールドを使ってイカサマ連発で押し勝つこともできるが、レジスチルもブラフでラスターカノンを撃ってくることがあるので、かなり厳しい。なるべくすぐ交代したい。

 

×トリデプス 4:6

等倍バトルで唯一勝てない相手。うちおとす、ストーンエッジでコツコツ減らされる。トリデプスのHPがわずかなタイミングで別のポケモンに入れ替え、抱え落ちを狙うのも有効。

 

△メルメタル 5:5

ばかぢから2連発を警戒したいが、いわなだれが大して減らないのでシールドを張るのはためらう。ばかぢから発動直後のメルメタルのステータスが下がった状態でイカサマを撃ちたい。逃げられる前にシールドを1枚張らせたいところ。

 

△クチート 5:5

こちらの攻撃がすべて耐性受けされてしまうが、クチート自体の耐久力が低いため、そこそこのダメージを与えられる。ほのおのキバ型が多いため、ブラッキーの耐久力もあって対等な戦いが繰り広げられる。クチートのグロウパンチで少しずつ追い込まれていく。グロウパンチと思ってじゃれつくを食らわないように注意。

 

△マリルリ 5:5

とっておきのおかげで対等に戦えるが、マリルリがじゃれつく型だと不利になる。れいとうビーム型ならハイドロポンプをシールドで1回受けつつ、とっておき連発をすれば勝てる。序盤のマリルリの型がわからない時は一度受けて確認する。じゃれつく型なら交代する。

 

△ピクシー 4:6

あまえるをばつぐんで食らってしまうため、ジリ貧で負ける。とっておきで対抗したいが、交代したほうが無難。

 

△プクリン 4:6

ピクシーと同じ。じゃれつくを食らってしまうと、ブラッキーでも致命傷になる。

 

△サーナイト 5:5

微妙な対面。あまえるはばつぐんで食らうが、こちらのあく技は等倍かつ、サーナイトの耐久力が低いのでほぼ互角か。相手にシールドを1~2枚張らせることは期待できる。

 

×チャーレム 4:6

ブラッキーが苦手なかくとうタイプなので勝てない。イカサマが等倍にはなるが、カウンター+グロウパンチで押し切られる。ばくれつパンチだと一気に持っていかれるので、なるべく対面しないようにしたい。

 

×ドクロッグ 4:6

チャーレム同様、カウンターで削り切られる。どろばくだん、ヘドロばくだんどちらも等倍なので、大きなダメージにはならない。イカサマは耐性受けされるので、とっておきで対抗する。ドクロッグの耐久力は低いため、当たれば4割近く与えられる。終盤だと状況次第では勝ちも見込める。

 

△ヤルキモノ 5:5

カウンターがやはりつらい。ヤルキモノはかくとうタイプではないので、イカサマを等倍で与えられる。のしかかりは大したダメージにはならないので、シールドは張らない。押し負けたとしても、HPがわずかなヤルキモノを後続のゲージ貯めの起点にする。

 

△ダーテング 5:5

微妙な対面。とっておきで5割近く持っていけるが、ダーテングのリーフブレード連発が痛い。相手がシールドを張ってきたら、こちらも対抗して張るかはパーティー次第。相手にシールドを1枚張らせて後続に期待するか、対面を取るためにこちらも張るか判断に迷う。

 

△ブラッキー 5:5

とっておきを撃ち合う時間のかかる戦いになる。対戦向けの良個体のほうが僅差で勝つ。初手でブラッキーを出すことが多いので、ブラッキー同士の対面になるのは珍しくない。

 

 

 

おすすめパーティー

レジスチル/マリルリ/ブラッキー

3体いずれも高耐久、高威力を持つため、そうそう負けないパーティー。ランク6以下のレートであれば、勝ち進められる。

初手でレジスチル、マリルリ対策のポケモンがよく繰りだされるなら、初手をブラッキーにする。

ブラッキーを後方に控えさせることで、ゴースト対策にも有効。

 

ブラッキー/デオキシス/エアームド

デオキシスでマリルリ、レジスチルを対応し、エアームドでかくとうやくさを処理。残りの相手をブラッキーが担当する役割の構成。

出し負けが少ないブラッキーを先頭に出すことで、安定した勝利を得られる。

 

ブラッキー/アローラライチュウ/メガニウム

高威力な半面、耐久力が低いアローラライチュウにシールドを1~2枚確保して立ち回る構成。

ブラッキー、メガニウム2人でシールドを1枚もしくは使わない形で戦っていく。

アローラライチュウの扱いが試される。