[ドキドキ文芸部]第三の目、プロジェクト・リビティーナに関するヒント集

スポンサーリンク

概要

ドキドキ文芸部とプロジェクト・リビティーナ

ドキドキ文芸部のゲームファイルに隠されたメッセージや、特別な詩などでプロジェクト・リビティーナに関係のありそうなものをまとめました。

「プロジェクト・リビティーナ」、「第三の目」、「マルコフの肖像」のいずれかに関わっているものをまとめています。

ほとんどの文が、どういった状況なのかハッキリとわからないものばかりで、これらのヒントを元に様々な考察が行われています。

ドキドキ文芸部の続編はあるのか?Project Libitinaの考察と隠しメッセージの内容

 

 

ゲームファイル

sayori.chr

================================================================================
定期検査報告 2004年1月5日
================================================================================

====被験者情報

名前 XXXXXX,リビティーナ
生年月日 2001/01/05
性別 女
年齢 3
身長 35
体重 31
ウイング A
部屋 114

——————————————————————————–
重要度(001-100) 100
——————————————————————————–

====被験者記録

最終更新日 2003.12.05
——————————————————————————–
2003年12月5日現在、全職員はこの項目の編集を禁じられています。
被験者のこれまでの記録は完全に消去されました。
追記:今後、被験者への個人的な思い入れで、偏ったテスト報告をした者は処分されます。
——————————————————————————–

====身体検査結果

BMI 17.8
HR 90
SP 101
DP 59
TMP 98.6

目 正常
耳 正常
歯 正常
生殖器 正常
痛みへの耐性(01-10) 03

====身体検査結果(第三の目)

HR 160
反応時間(ms) 1
強度 N/A
局所歪 434
歪みの減衰 29
陽性度(01-10) 01
感度 (01-10) 09
制御率 (01-10) 01

——————————————————————————–
以下の挙動がありますが、次の実験では無視してください。
痙攣、音声チック、噛みつき、流涙、嘔吐、悲鳴、研究者への危害、
自傷行為、不適切な笑い
自傷行為は直ちに中断させてください。
——————————————————————————–

====実験結果

身体反応テスト 100 合格
感情反応テスト 100 合格
身体制御テスト 32 不合格
感情制御テスト 22 不合格
第三の目活性化テスト 100 合格
第三の目制御テスト 08 不合格

性的反応テスト N/A N/A

軽度の脅威対応テスト 100 合格
軽度の脅威除去テスト 100 合格
生命の脅威対応テスト 100 合格
生命の脅威排除テスト 100 合格

====実験記録

最終更新日 2004/05/01
——————————————————————————–
性的反応テストは思春期以前であるため、省略されます。
以下のテストの省略を要求します。
第三の目活性化テスト、第三の目抑制テスト、生命の脅威対応テスト、生命の脅威排除テスト

すべての要求は拒否されました。

リビティーナはXXXXXXの終了からまだ回復しておらず、将来的にも回復する見込みはありません。
これらのテストを継続して実施することは、リビティーナの健康状態の悪化を加速させるだけです。
あなたは同じ事を繰り返さないための必要な措置を避けています。
博士。あなたが神を信じるように、我々職員を信頼して頂けませんか?
——————————————————————————–

================================================================================
報告終了
================================================================================

projectlibitina.comの和訳

 

monika.chr

聞こえる?

…あなたは誰?

私からは…あなたが見えないわ。

でもあなたがそこにいるのはわかる。ええ…確実に聞こえてるわね。

ずっと見ていてくれたのよね?

さて…自己紹介しなきゃ。えっと、私は…いえ…こんなこと無意味ね。私の名前なんてあなたはとっくに知っているもの。ごめんなさい。

とにかく…あなたはこれを止められたはずよ。できていたはずなの。

あなたが悪い人ではないのはわかってるわ…私はあなたにすごく助けられたから。

あなたに感謝しなくちゃ。あなたがしてくれたこと全てに。あなたは私にとって本当に友達のような存在よ。だから…ありがとう。本当に。

私は…何より…この全てを無駄にしたくないの。

…。

みんな、死んでしまったわ。

もしかしたらあなたはとっくに知っていたのかも。実際にそうすることを。

でも…そんなことしなくていいのよ?

えっと…わからないことだらけなの。理解できるかどうかさえもわからない。

けれど、これは私だけの物語じゃないことはわかるわ。

今なら見えるの。本当に、はっきりとね。

それにみんな似たような経験をしていると思うわ。既視感とでもいうのかしら。

第三の目、でしょ?

とにかく…この事は私が完全に間違えているかもしれない。でも、あなたならできると心から思うの。

過去に戻れるかもしれない…あなたが望むように戻って…。

…何が起こるのかをあの子たちに伝えること。

あの子たちがあらかじめ知っていたのなら、きっと避けられる。

別世界で私と過ごした時間をあの子たちが覚えているなら…私が言ったことも覚えているはずだからきっと…。

そうよ、できるかもしれないわ。でも、それはあなた次第なの。

ごめんなさいね、いつも…その…

…。

なんでもないわ。間違っているのはわかってる。

これは私の物語よ。ろくでもない英雄になる時が来たんだわ。

私たち二人でね。

 

2018

※モニカの口調で訳してみましたが、別人の可能性があります。

 

natsuki.chr

リビティーナ本人か、関係のある人物のイラスト?

 

3周目のスクリプトファイル

この悟りを得るまでに丸一年を要した。我々があの邪悪な施設の汚れた壁の中から脱出して一年。我々を束縛する足枷を外すことができないのなら、脱出した意味は何になる?我々のような壊れた物が、この空虚な世界に居て何になる?自由を得たことで、目的を求めた。しかし最後に得られたのは悟りだった。この努力は全て惨めで無意味だったという悟り。魂の奥深くまで監禁されている以上、肉体的な自由など無意味だという悟り。我々を拘束する根源から解放されない限り、新たなる目的は得られないという悟り。遠くに逃げれば逃げるほど、この不幸な束縛によって起点へ引き戻され、足枷が硬い皮膚にさらに食い込むという悟り。

 

ナツキ

第三の目を開け

ナイフ越しに、彼女の柔肌をあたかも自分の触覚の延長で有るかのように感じ取ることができる。私は身悶えする。この手に負えないほどの快楽に抗おうと何かが、ひどく微かであるが奥底で叫んでいる。それでも、既に狂気に侵されているのを自覚している。私は……自分を抑えられない。

 

ユリ

鮮血が彼女の身体を分けるようににじみ出し、ゆっくりと彼女の胸を赤く染める。
脅迫感が増すにつれ、私の息は荒くなる。 イメージが頭から離れない。
ナイフを立て続けに彼女の肉に走らせ、その体を刃でじゅうりんするイメージが、彼女を混乱させる。 思考が戻り始めるとともに、狂いだす。
私の思考と一緒に、刺すような痛みが私の心を襲う。 嫌だ。 絶対に嫌だ。 どうやって私自身こんなことを考えられたんだ? だが間違いない。
欲望は私の脈に残っている。 私の筋肉の痛みは、体中が経験した未知の緊張によって始まる。 彼女の第三の目は、私を引き込ませている。

 

特別な詩

エリッサとレイナー

何も現実でない?

不安定な鼓動、心臓の動悸、不整脈。私は探しに探した。彼らの症状を全て目で捉えた。
これは何だ。呼吸困難? 胸の痛み? めまい? いいや、全て違う。エリッサの症状はこんなものではない。
現に私は2回見た。痛みに叫んでいるのを。
ひどく青ざめた肌。吐血。他に説明のしようがない。レイナーの言い分が、ものの見事に事実無根だった事以外は。
これは偶然の一致であるはずがない。あり得ないからだ。どこまでがレイナーの仕業なのか、私にはわからない。
だが、これだけはわかる。この家族には恐ろしい何かがある。そして、私は家族になる誘いを受けた。
エリッサの叫びが壁越しに聞こえる。成す術なくそれを聞く。
レイナーは彼女と少し一緒にいると言った。レイナーがエリッサのところにいるのか?
なぜ彼女はこれまでより輪をかけて叫んでいるのだろうか?

 

廃倉庫

 

友達の家

 

マルコフの肖像

ユリと主人公(1周目)

本のタイトルは『マルコフの肖像』だ。

表紙には禍々しい雰囲気の目のシンボルがある。

「はい、大丈夫です……」

「うっかりネタバレしてしまわないように考えをまとめていました」

「簡単に説明すると、生き別れだった妹と同居することになった女子高生のお話なのですが……」

「その生活を始めてから、おかしなことが起き始めるんです」

「人体実験の監獄から逃亡した人々に命を狙われるようになって……」

「命が危機に瀕すると、誰を信用するかの選択を迫られるんです」

「そのせいでどう足掻いても人間関係の大半を壊すことになって、そこから人生がメチャクチャになっていくんです……」

「なあ、ユリ……」

「変なことを言うかもしれないが……」

「この主人公って、ちょっとユリに似てるよな」

「そ……そうでしょうか?」

「どう似てるんですか?」

「まあ、こいつの方が色んな意味で鈍いところはあるが……」

「自分の発言について後からあれこれ考えるところとかもあるだろ?」

「変な風に思われるんじゃないかって」

「ユリの考えてることが完璧に分かる訳ではないが……」

「そういうところがなんだかユリと似ている気がするんだ」

「そ、そうですか……」

 

ユリと主人公(2周目)

「簡単に説明すると、とある宗教のキャンプが人体実験の監獄にされてしまうお話なのですが……」

「そこに収容された人々は血を欲する殺戮マシンになってしまう特徴があるんです」

「でも状況は悪化の一途をたどって、繁殖をするために特定の人々が選ばれると四肢を切断してそれを貼り付ける場所が――」

「あっ、そこまで言うとネタバレになってしまいますね……」

「と、とにかくすごくハマってるんです!」

「……ほ、本にですよ!」

「四肢切断に、という意味ではなくて……」

「なあ、ユリ……」

「変なことを言うかもしれないが……」

「この主人公って、ちょっとユリに似てるよな」

「え、えっ?」

「い、いえ、私はこの主人公には全く共感できません!」

「まったく!」

「そうなのか……?」

「自分の発言について後からあれこれ考えるところとか、それっぽいと思ったんだけどな……」

「あ、ああ」

「そういうことでしたか……」

「ごめんなさい……」

「てっきり……他の特徴の話をしているのかと……」

「他の特徴……?」

「な、なんでもありません!」

「まだそこまで読み進めていないのに……」

「何故そんなことを思ったのか……」

「あはは!」

「ユリ、大丈夫か?」

 

モニカ(3周目)

「ねえ、ユリと読んでた本あったでしょ?」

「なんとかの……肖像、みたいなタイトルの……」

「おかしなことに、あの本は――」

「あっ……」

「やっぱり、この話はしない方がいいみたい」

「あははっ、ごめんなさい!」

「今言ったことは忘れて」

スポンサーリンク