ソウルハッカーズ2 用語集

 

デビルサマナー

悪魔と契約を交わす悪魔召喚師。人知の及ばぬ事象の解決に尽力する者もいれば、暗殺や犯罪などの悪事に利用する者もいる。

COMP(コンプ)

悪魔の召喚能力を補助するアイテム。キャラクターによってCOMPのデザインが異なる。リンゴたちのCOMPは直接悪魔を装備することができる。

ソウルハック

Aionの能力の一つで、魂と心に干渉する能力。作中では殺害されたアロウやミレディ、サイゾーにリンゴがソウルハックを行って蘇生している。

コヴェナント

契約の虹とも呼ばれる霊的エネルギー。コヴェナント所持者は強大な力を授かると言われている。コヴェナントは5つあり、すべてが揃うと大いなる存在が降臨する。ファントムソサエティは大いなる存在の降臨を宿願としてコヴェナントを集めている。

Aion(アイオン)

テクノロジーの最果てから生まれた存在。人間の世界を見守っていたが世界の滅びを検知し、滅びを回避するためにリンゴとフィグを製造して派遣する。Aionは海底にある広大な地下施設アクシスを拠点にしており、リンゴとフィグが所属している。

Aionの意思を伝える存在フランマはリンゴやフィグに必要な情報を伝える役目を担い、アクシスの番をしている。

ファントムソサエティ

デビルサマナーが集う組織の一つ。コヴェナントをハックし「大いなる存在」を降臨させ、世界を滅亡させようと目論んでいる。ミレディ、鉄仮面、ゼノン、R.S.、カブラギ、アッシュが所属しており、ヤタガラスとは対立関係にある。前作にも登場した組織。

ヤタガラス

デビルサマナーが集う組織の一つ。ファントムソサエティとは対立関係にあり、世界の破滅を阻止するための超國家機関。アロウ、レイブンが所属している。召喚師の名門、葛葉一族とは協力関係にある。

秘匿都市レルム

デビルサマナーのみ入ることができる街。サマナー専用の施設が多数あり、悪魔の合体、COMPの強化などが行える。中立地帯であるため、ファントムソサエティ、ヤタガラスどちらの陣営でもこの街で買い物をすることができる。

ソウル・マトリクス

アロウ、ミレディ、サイゾーの精神状態を再現した空間。アクシス内にある。仲間のソウルレベルを上げると、ソウル・マトリクスの深層を探索できる。エリア内には敵やボスが出現するため、パーティーの強化もできる。

深層にたどり着くと仲間の過去を見るビジョンクエストが発生する。アクシスで受注できるAionオーダーをソウル・マトリクスでこなすと様々な恩恵が得られる。